1. HOME
  2. News
  3. キャラテック
  4. キャラ談
  5. ニコニコ超会議2022 彼らのフィルターを通すと世の中が“ニコニコ”遊び心で楽しく

ニコニコ超会議2022 彼らのフィルターを通すと世の中が“ニコニコ”遊び心で楽しく

 世の中の企業やコンテンツにはまだまだ伸び代がある。だから、彼らの遊び心が生きてくる。彼らとは誰か。それは「ニコニコ超会議」に集まる全ての人だ。先ほどまで、実に3年ぶりのリアル開催となった「ニコニコ超会議」に潜入した。リアルならではのSerendipityな出会いがそこにはあって、まだ見ぬ世界に気付かされる事は多い。コスプレイヤーの元で広がる「写真を撮らせて下さい」そんな声も懐かしい。そうだ、これがリアルならではの高揚感だったのだ。

ニコニコ超会議 久しぶりのリアル開催

1.ここ数年での技術の進化もここに

 ブースも確かに数は減少したイメージがあるが、リアルとネットを相互に行き来することで価値が生まれるコンテンツは健在。

 3年前にはそれほど存在感のなかった「NFT」のブースがLINE NFTの後押しで用意されているのが実に印象的だ。3年の重みを実感する。「超NFTブース」と銘打たれたその場所では、リアルの場ではQRコード一つで無料でNFTを手に入れることができると同時に、ニコニコ生放送でも著名人を交えてトークをして、その深掘りをしているわけである。手に入れる事でNFTがどんなものかがまず分かるだろう。僕も手に入れてみたが、LINEのアカウント一つでできる。さりげなく、LINE NFTの使いやすさも伝えているのが流石だ。

 さて、番組の方も僕はみていて、特に心に響いたのは、2021年3月からNFTを始めている「せきぐちあいみ」さんの話。彼女は、その場で、まず自らの作品で、バーチャルリアリティの空間の中を通り抜けていくといった映像を紹介。その作品が、取引されている値段を聞いて驚くなかれ、1300万円である。

2.NFTの可能性を熱っぽく語る姿に感銘

 彼女と共に多くのNFT作品を見ていく中でも、興味深かったのは「Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」さんの作品で、彼は9歳である。iPadを使って自由にイラストを描き、そして、それをNFT化させて販売したもので、彼が赤ちゃんの頃からiPadに触れていたことに起因する。

 目に映るもの全てをゾンビにして、図鑑を見て描きたいものを決めたら、パッと見てそのあとは想像しながら描くというわけで、軽く数万円単位で売られている現実。それはそれだけの評価が伴っているからで、今や世界中のアーティストから注目される作家である。

3.アートの正解は一つではない

 何より、彼の活躍も拍手に相当するが、それを説明するせきぐちさんの言葉がまた良い。

 「子供の下手くそなドット絵だと思う人がいるかもしれない。けれど、味のある自由な曲線とかを大人が描こうとしたら、決して描けるものでは無い」とせきぐちさん。

 つまり、価値というのは誰か特定の人によって全てを判断されるものではなく、個々に存在している。だから、それを欲しいと思う人に届けられるというこの文化に意味があって、しかもそれによって、生計が立てられるというのは大きな変化だ。

 だから、逆にいうと、「Zombie Zoo Keeper」に関するせきぐちさんの言葉が真に響いてくる。価値あると思う人が価値あると動くところに世の中があるから、それで救われるアーティストがいるはずだ。だから、NFTはそんなクリエイティブの民主化と言える部分もあると思っていて、それをこういう「ニコニコ超会議」などのイベントを通して伝えることの意義を思う。

企業やコンテンツの価値を新しく見出す

1.JRAの要素を取り入れた遊び心のあるゲーム

 会場内を見渡せば、一言で言うとカオス。融合することの楽しさである。だから、「え?」と思うような企業がちらほら存在するのがこのイベントならではだ。

 例えば、「超JRA ニコニコ賞(春)」では、競馬場を彷彿とさせる「ターフビジョン」を模した巨大なモニターを用意。参加者が馬さながらにゲートからポンと頭から飛び出してもらうゲームを実施して、それをそのビジョンで捉えるのである。

 かくしてゴール前を駆け抜ける馬のようにして、誰がトップかを競って、競技者も観客も共に、楽しめる演出である。競馬の楽しみ方を別の角度から伝える素敵な試みだと思う。

2.素材の魅力を伝える三井化学

 何気なく、僕らが手にしている商品も実は、素材があってのこと。例えば、iPhoneの写真を撮るためのレンズを作っている企業が日本の企業であることをどれだけの人が知っているだろう。僕らがあまり耳にすることのないその会社が、実は身の回りの多くの商品で関わっている。三井化学という会社から聞かされた話である。

 三井化学は素材の会社であって、「そのiPhoneのレンズ以外にはどんな物を手がけているのですか?」そう尋ねるとこちらです、と紹介されたのが、人間の模型。

 え?というと、「実は、心臓や眼の手術っていきなりやるわけにはいかないですよね、だから、学校などでは、多くは豚の臓器などを使ってそれを練習したりしていたのだが、実は、これもリアルな触感にこだわって、プラスチックで作っているのです」と。

3.意外なところで活躍するプラスチック

 プラスチック?そうなのだ。実はプラスチックは医療分野でも活躍していて、触感や質感研究を彼らが行い、それでプラスチックを応用して、眼球、心臓、フルデンチャー(歯)などに取り入れているのであり、プラスチックは命を救っていると彼らは胸を張るのである。

 それで、彼らはそうやって実は裏方である素材にも目を向けてもらおうと、MOLというラボを作って、リアルなイベントなどで訴求しているのである。

4.この人もちゃんと出てます

 サプライズがありますのでと言われ駆けつけた「超information」付近で待っていると、そのモニターにはこの人。

 岸田総理は新型コロナウイルス感染症に絡んで、映像の中で特に若い人に対して、ワクチン接種の理解を求めた。そうだった。確かに、以前のリアル開催時には色々な政治政党も出していたなと思い出した。今回はコロナ禍に配慮して出ていないけど、これも風物詩である。色々な価値観の集まりだから、政治もその一つだ。

もとの素材を楽しくアレンジ

1.伝統芸能「歌舞伎」と「初音ミク」の遭遇

 僕自身が欠かさず見ている「超歌舞伎」は、今回も期待を裏切らない内容。タイトルを「永遠花誉攻」という。偶然ながら、僕自身が普段から「ニコニコ動画」のプレミアム会員だったので、会場内の2階席からそれを見ることができた。メディアとしてというよりは、いちユーザーとして書かせてもらう。

 演者である中村獅童さんが、冒頭、しみじみに「これだけ多くのお客さんに見てもらえる中で、演じることができるのが嬉しい」と話す一幕は、まさにこのニコニコ超会議のテーマである「ただいま おかえり」に相応しいものであった。

 一言で言うなら、不思議なほど、調和している。初音ミクというと、ボーカロイドを通して、歌に新たな価値をもたらし、多くの人のポテンシャルを引き出した張本人。だけど、それが歌舞伎でもその本来の価値を決して崩すことなく、全く新しいエンターテイメントに消化していると思うのだ。

 やっぱり脚本の力に唸ったのであって、多くは書かないが、初音ミクの魅力は何かを考えると、「存在しないのに、皆の心の中にいる」ことなのかなと思った。

 そういう要素を上手に歌舞伎の物語の中に古風に気品がある形で落とし込んで、それでいて、劇中曲もcosMo@暴走Pの「初音ミクの消失」という挑戦。かつ、シンプルでわかりやすいストーリーのなかに、それらが織り混ざっているから、冒頭話した通り、舞台上の歌舞伎とは自然に調和していて、引き込まれるわけである。

 これがまた演者の一人一人の演技が心に染み入る要因となるわけで、それが不思議と歌舞伎そのものへの関心を深める形になっているのが、この「超歌舞伎」の価値だと思う。

2.ニコニコのフィルターを通した世界が面白い

 思うに、世の中に存在するあらゆるものが面白い。けれど、僕らは見過ごしていることも結構あって、だから、改めて、世の中のあらゆる世界をニコニコ動画というフィルターを通す必要性があるのだと思った。

 あ、そうそう。最後になったけど、冒頭の写真は「超SSCシェアハピラジオ」というブースに立ち寄る際に、ポーズを決めてくれた女子で「アイオケ」というユニット。会いにいけるオーケストラ、らしい。へぇと思ってカメラを向けたら、、というわけ。

 このサービス精神こそ、このニコ超の真骨頂だよなと思って、トップの画面にした。Serendipityなリアルの人との遭遇で、人々の気持ちが弾む。

 で、この方は杏里唯さんと言う。(←追記:お恥ずかしい話、記事作成後、Twitterでファンの方から教えてもらった。名前を添えて書いてバンドを讃えたかったので、「アイオケ」ファンの方々にはこの場を借りてthanks!)

 改めてだけど、物事をただ正面から見えるように見ているだけでは、面白くない。こういうニコニコ動画というフィルターを通して見ると、先ほどのJRAの競馬然りだが、競馬単体の面白さからどう派生させるかのサービス精神が人を幸せにして、その企業、そのコンテンツの裾野を広げていくのだと思う。この写真の笑顔のようにね。

 遊び心とサービス精神は人々の幸せにとって不可欠。それは個性の最大化にある。こんな魅力があったのかと気付かされる気付きが歌舞伎しかり本家への関心に至るわけで、こういう機会の大事さを思うのだ。心を通わせ、超楽しんでしまおう。来年はコロナの影響も減少して、もっと違う企業の違った姿を見てみたい。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事