1. HOME
  2. News
  3. キャラクター戦略/立案
  4. キャラ談
  5. TIGER & BUNNY2 Netflix 独占配信 輝く企業たちの躍動

TIGER & BUNNY2 Netflix 独占配信 輝く企業たちの躍動

 TVシリーズ放送から10年。企業のスポンサーロゴを背負い、街の平和を守るというその視点が、なんとも異色なヒーローアクション『TIGER & BUNNY』。『劇場版The Rising』以降の新ストーリーとなる『TIGER & BUNNY2』がNetflixでスタートする。大事なのは消費に関連して考えた時に、こうやって世界に同時に配信されることにあり、それは「ヒットにタイムラグが生まれない」ということ。全世界にこのコンテンツが同時に見られると言うことはヒットが全世界に同時に起こりうると言うわけである。だから企業も動く。

TIGER & BUNNY2 Netflix で配信 合わせて企業も活性化

1.TIGER & BUNNYとは

 「NEXT」と呼ばれる特殊能力者たちが、悪者と対峙する姿が痛快であり、個人的なことを言えば、SF漫画ではお馴染みの桂正和先生のツボを押さえたキャラクターと、アニメーションもグッドだ。

 その名の通り、ヒーローはヒーローでも、TIGER & BUNNYによるヒーローの話であって、面白いのは、スポンサーロゴを背負うという部分。スーツには企業名が入っており、ヒーローはただ救うだけではなく、スポンサーのメリットも考えて動くなどの要素が、他にはない。

2.企業名が入っているのが面白い

 スーツに入った企業ロゴは何も架空なものだけではなく、我々がお馴染みとするリアルな企業が入っているから、惹きつけられる。そういう背景もあるので、『TIGER & BUNNY2』のスタートを機に、この「プレイスメント企業」(ロゴが入った企業)となる会社も出てきて、その熱狂が生まれようとしているというわけだ。ここが面白い。

 例えば、KINTOという会社は、この「2」からそのプレイスメント企業となり、しっかりそのロゴが記載されている。

 この会社は、自動車保険や自動車税など、クルマにかかる諸経費を月々定額で込みしたサブスク・サービスを手がけていて「常識を突破し、新しい世界をつくろう」という同社の姿勢が、この主人公の考え方と近いとして、その新しい取り組みに賛同した。

3.掲載企業の動きも連動する

 また、「LINEマンガ」は、新ヒーロー「マジカルキャット」のプレイスメント企業となったことに伴い、ヒーロースーツ左腕にそのロゴが入る。

しっかりビジネスも連動でしていて「LINEマンガ」では、『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』のコミカライズ作品「TIGER & BUNNY -The Beginning-」(KADOKAWA刊)が好評配信中である。

4.乗り物にも企業名が

 他にも、主人公のワイルドタイガーとバーナビー・ブルックス Jr.が乗るダブルチェイサーにも企業ロゴが掲載される場合もあり、ゴルフダイジェスト・オンラインがまさにそれだ。

 ゴルフ専門ポータルサイト「GDO」を2000年より展開している同社は、主人公のワイルドタイガーとバーナビー・ブルックス Jr.が乗るダブルチェイサーに『GDO』のロゴが記載。

5.掲載するだけではなく、自らの価値を新商品で活かす

 同じくデサントジャパンも“ダブルチェイサー”にプレイスメントとして参画して、企業ロゴが掲載されるだけではなく、自らコラボレーションアイテムをネット通販「DESCENTE STORE オンライン」などで販売することを明らかにしている。

 主人公2人のイメージである虎と兎をグラフィック化したオリジナルプリントが特徴で、それぞれのイメージカラーを用い、ヒーロースーツが暗闇で光っているところを再帰反射プリントで表現しているのだ。数々のトップアスリートにも提供してきた『デサント』ブランドのスポーツウェアと融合させて、その強みを発揮した形だ。

今までにない出会いも創出

1.それぞれにいる企業のファンを触発

 必ずしも今までなら関わりがなかったような企業にまで広がっているのもユニーク。下記のTwitterを見てわかる通り、仙台の「菓匠三全」はその代表的商品「萩の月」のロゴを『TIGER & BUNNY 2』の「ダブルチェイサー」に入れており、それらの企業のファンを巻き込みながら、アニメの世界とリアルの世界がオーバーラップさせて楽しませるわけである。

 

2.ファンとの接点が多様性でコンテンツも変わる

 今回の動きはNetflixとしては独占配信となることで彼らもまた、そうやって日本のコンテンツの可能性を羽ばたかせている。それがこれまでのマスメディアや映画に限らず、新しい土壌を生んで、それ自体受け入れたかが多様化している。また、そこを起点として、ビジネスとしての新たな広がりが生まれている。

これを消費に絡めて考えると、世界同時配信であるからこそ、世界同時にヒットが生まれるということでもある。以前、越境ECの文脈で、このことは書かせてもらった通り、エリアに関係なく同時配信されるということは「ヒットにタイムラグがない」ということなのだ。

そう考えると、ここまで列挙してきた「プレイスメント企業」の価値は今後、どうなるだろうと考えると面白い。

 それでいて、「鬼滅の刃」のヒットでも分かる通り、配信であるが故、一過性ではない。ずっと誰でもいつも見られる要素は、この巣ごもりで変容しつつある家庭の過ごし方にも影響を及ぼしている。継続的に商品が売れ続ける可能性も秘めている。拡散力と、広がり方、そして継続の仕方など、これまでと違った商機が生まれていて、未来を思うと、注目に値するわけである。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事