1. HOME
  2. News
  3. 小売の基礎知識
  4. オンラインストア を 開設 する前に 理解したい最低知識

オンラインストア を 開設 する前に 理解したい最低知識

オンラインストア を 開設 する前に 理解したい最低知識

 昨今、 オンラインストア の必要性が謳われています。その理由は、リアル店舗だけではお客さんにとって真に相応しいサービスが提供できなくなってきているのと、かつリアル店舗に依存していた店の多くが、新型コロナウイルス感染症などの影響で大打撃を受けて、ネットでそれをカバーしたいと考えているからです。とは言え、そもそも オンラインストア を 開設 するにも、どういうサービスを使って開設できるのか、それを簡単ですが、まとめてみました。

オンラインストア 開設する時に、理解しておきたい戦略

楽天市場、Amazonなど、オンラインショッピングモール にも2種類ある

 下記にも書いていますが、いわゆるオンラインショッピングモールと言われるところと、純粋なオンラインストアの二つがあります。ネットの黎明期においてはどうしてもいくらサイトを作ってもネットをやっている人の中から集客をしなければいけなかったので、楽天市場などのオンラインショッピングモールは、自らが百貨店のようにして、ネット上で仮想の商店街を開くことで、集客を心がけました。一方で、ネット通販の仕組みになれない、リアルのお店の店舗運営者に、簡単にネット通販ができる仕組みを提供し、そこで販売することの意味を提起したのです。

1.オンラインショッピングモール(出店型)

 簡単にいうと、商店街のようにして、お店を出店する「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「au Payマーケット」があります。これらのモールが最低限、販売するのに必要な環境と、各モール内において、広告やクーポンなどの何らかの施策を打つことで、お客様を呼び込むことができます。最近では、経済圏と言って、それらに関連する企業で得られるポイントなどをここで活用できたりするので、それも購買意欲を高める要因になります。

2.オンラインショッピングモール(出品型)

 Amazonが出「品」型。出「品」型とは、Amazonという巨大なお店の中に商品を出品する形式をとっています。だからAmazonには店単位ではなく商品単位で閲覧します。1商品に対して1ページです。でもこの仕組みこそが商品の売れ行きをそこに集中させ、生産性を高めて結果を出します。1ページなので配送環境や価格など、条件のいいお店しか上に来れませんが、上にくれば効果は絶大です。

オンラインストアは自らのファンがいれば規模に応じて始めるべき

 ただし、ネットが徐々に成長するにつけ、検索技術の発達に伴い、自らがブランディングできていれば、直接、アプローチができる時代になってきて、極端な話、仮想商店街の集客力を使わずとも、オンラインストアを開設する意味が出てきました。そこで、リアル店舗で言えば、専門店と呼ばれるお店がネットにおける「オンラインストア」に相当します。それについては、カート(お買い物カゴ)を備えた企業が存在し、それを持って、オリジナルのオンラインストアを開設しているのです。

3.オンラインストア(リアルでいう専門店)

 上記のAmazon、楽天などのカラーなく、完全にオリジナルの自分のお店ができます。その反面、何もない平地に家を建てるようなものなので、人がいません。なので、ユニクロのような名前が有名なところが比較的多く見られます。ただ、そうでないところも自ら広告を駆使して集客をして、売上を立てています。ただ、一度お客様になればお店のファンでリピーターになりやすいです。カラーミーショップショップサーブフューチャーショップ、新興勢力で急拡大するShopifyなどのサービスを使うと実現します。

 ただ、最近ではスマートフォンなどが出てきて、SNSなどで繋がっている相手がクリエイターのたまごだとして、その人の作品に興味を持って、購入にしてみたい、などといった場合は、専門店というほどではないけど、ネット通販の仕組みを通して、販売できれば便利ですよね。何よりも、それによってクリエイターが資金を得て、才能を開花させれば、理想です。なので、小さなレベルで開始しようというオンラインサイトでも簡単に即席でできてしまう、個人商店のようなものもできてきたのです。それが下記になります。

4.オンラインストア(リアルでいう個人商店)

 とにかく細部のことはさておき早く作りたい!小さな規模感で、個人商店をやりたい、そんな人向けには、BASESTORESなどがあります。数分でショッピングサイトを作れて、かつ商品登録も簡単にできて、既に決済環境が整っているというものでシンプルです。アーティストが自らの作品を売りたい、本当に小さいな売り場でも可能になるので、手始めに、ここからスタートする人は少なくありません。

 これでオンラインストアの根本的な考え方は理解できたのではないかと思います。最後の3と4のオンラインストアの違いについてはちょっと似ているのでまだ理解できないという人に向け、こういう記事も書いてみていますので、それをみてさらに理解を深め、自分たちに相応しい店舗運営をされることを期待します。

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!