1. HOME
  2. News
  3. 新・小売り学
  4. 販促(SNS)・広告
  5. 通販とeコマース
  6. 18年連続増収の舞台裏 “よなよなエール” のアノ会社 の 熱狂

18年連続増収の舞台裏 “よなよなエール” のアノ会社 の 熱狂

 ビールメーカーと聞き大抵がキリン、アサヒなどを思い浮かべる一方で、そういう大手には到底できない「熱狂」を生む企業がある。それがヤッホーブルーイングで18年連続の増収を達成している。クラフトビール「 よなよなエール 」を手がける企業と言えば、わかる人もいるだろう。その裏にはファンの 熱狂 があって、そこに迫るべくヤッホーブルーイング 望月卓郎さん(もっちー)に話を聞いたのだ。

よなよなエール 熱狂 のその理由

 スタートは今から25年前。星野リゾートの星野社長の肝煎りで始まった事業だ。今でこそ、クラフトビールは様々な醸造所から出ているが、その先駆けである。その人気の秘訣はこうやって早くから品質改善を繰り返して、高い品質のビールを出し続けられる環境作りを心がけてきたからというのはある。

 ただそれだけでは冒頭話した「熱狂」には辿らない。彼らは大手にない独自で破天荒とも思える取り組みを実践し続けてきたからこそ今がある。例えば2020年5月30日と6月6日に開いた「よなよなエールの”おうち”超宴」。元々リアルで5月にファンイベントを予定して2000人が参加する予定だったのがオンラインとなり、結果的には述べ1万人の参加を集めた。そのレベルは尋常ではない。

 ただ、その個性の片鱗は今から20年ほど前、ネットショップの「メルマガ」でも見えていたのではないかと僕は思っている。今でこそこの会社はネット通販で躍進したように見えるが・・・

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索