1. HOME
  2. News
  3. 小売の取り組み
  4. 通販とeコマース
  5. ものづくり を守る DX “シタテル”の動きに学ぶ

ものづくり を守る DX “シタテル”の動きに学ぶ

 今やたとえ工場がなくとも、マーケティングができていれば、商品を作り、ヒットをさせていく事ができる時代ではある。それを支えているのがプラットフォームであり、僕が以前から注目しているのは「シタテル」というサービスである。言うなれば、アパレルを作りたい人と、作れる人を紐付けるマッチングであるが、最近、話を聞いていると、彼らもまた、プラットフォームとしてその中身が進化していることに気がついた。 DX との絡みで、今の時代を象徴する動きだと思ったので記事にした。

 僕のイメージでは「シタテル」はアパレルブランドの服の発注者と作り手である縫製工場をマッチングするプラットフォームである。例えば、新規ブランドが服を生産したいと考えた際に、発注者は、企画、デザイン、生地の選定から、パターンの作成、本生産に至るまで、シタテル側に任せれば、決められたコストで生産することができる。

 要は、予め、シタテル側が数多くの縫製工場など繋がっていて、依頼主側の内容をある程度、共通化させておいて、そのルールの中で発注者が依頼をするから、コストと工数を抑えて、服などの生産ができるというわけである。故に、発注者側はものづくりに時間をかけすぎる事なく、生産性高く、ブランディングの強化やお客様との関係構築に注力できるわけである。

シタテル の進化 よりきめ細やかに DX 推進

 ものづくりをOEM会社にある程度、まとめて任せてしまうというパターンであれば、それは非常に好都合である。ただ、そういう企業ばかりではなくて、ものづくりは自分でやり、その為に工場との連携も自分でやりたいのだけど、その工場とのやりとりがデジタル化できていないので、スムーズに事が運ばないという場合も出てきている。

 今のアパレル業界はまだアナログなところがあって、担当者ごとに電話やメールなどで異なる仕様書のやりとりをしているので、思い違いなどが生まれやすく共有もスムーズではないので、トラブルが生まれやすいのだそうだ。だから、シタテルは今度、そこでの細かなやりとりの部分に入って、例えば、クラウド上で仕様書を共通化させることにより、業務の効率化を図ろうというわけである。

 確かに、生産情報をクラウド上で一元管理できれば、取引に関する業務の可視化はできる。さらに、効率化も可能となるだろう。「シタテル CLOUD 生産支援」という。

 実際、それを自前でやろうとすれば当然、莫大な費用がかかり、多くの企業がそこでデジタル化できていなかったところを、またシタテルが割って入って、デジタルに置き換えていこうというわけである。基本的には、ネットワークを生かしてものづくりを助けるという姿勢は変わらないのだが、確かに進化をしている。

 これを聞くに、まだデジタルに置き換えられていないことで、ものづくり現場がまだスムーズではないことも多いので、この辺の改善が結果、現場の生産性を高め、工場自体の存続にもプラスに作用すれば大きい。

コロナ禍によるデジタル化も成長を後押し

 ものづくり現場の長年蓄積してきた強さは誇れるものであるが、一方でその利用機会を増やして、その現場の価値を生かしていくのは急務である。実際、この視点はある程度、的をえているのか、このサービスが開始されてから約半年で月の流通総額は約23倍を記録したとか。今年3月単月においては、それで生まれた流通総額は約29倍。2021年4月時点で取引型数は1,692型を超えており、登録型数も1,997型というのだから需要は確かにある。

 ものづくり企業においては、そのものづくりの中身にこだわるために、逆にデジタル化を進めて、自らの工数を削減して、打ち込むべきところに打ち込む必要があるのだろう。

 今一度、プラットフォームの現状に目を向け、特にデジタル分野を活用することで、自らの企業の生産性を高め、企業価値を上げるのであれば、「シタテル」に限った話ではなく、各々の企業で相応しいところを模索して、企業の組織のあり方含め、変化するべき時にあるのだろう。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト