1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 基礎「小売」学習
  5. 売り場・最大化
  6. 小売DX学
  7. 小売店 に ミラーサイネージ 。 AI を駆使して鏡 があなたに提案を。

小売店 に ミラーサイネージ 。 AI を駆使して鏡 があなたに提案を。

鏡でものを買うIOT

 お店で実物を見たり、スタッフからの提案で、ものを買うのは当たり前。でも、顧客情報を蓄積した 小売店 が ミラーサイネージ でその提案をすることだってある。AI で分析された相応しい提案がその中で。考えもしなかった場所が売り場になる。ここでは“鏡”を売り場に変えたフレイバ・プロジェクツの代表取締役 高木勝さんの話を聞きつつ、僕なりに、IOT や AI の使われ方を考えてみたい。

AI で分析されたレコメンドが 小売店 の ミラーサイネージ で

1.鏡を売り場に変える逆転の発想

 鏡を売り場に変えたのは、「MIRROR-AI(ミライ)」というもので、既にファッションブランドの実店舗などで導入されている。アパレル店舗であれば、お馴染みの鏡。これが国内約30店においては、そのスペースが「MIRROR-AI(ミライ)」に置き換わっている。

 何もしなければ、単なる鏡であるけれど、触ればタッチセンサーが反応し、例えば、そこには試着したイメージなども鏡と一緒に映し出されて、購入までできる。鏡でものを買う、なんて経験は恐らくあまりなかっただろう。ここには当然、リアルとネットの垣根などは存在しない。

鏡が売り場になるファッション小売の革命
鏡が売り場になるファッション小売の革命

 彼にとってみれば、鏡でなくてもよかったんだと思う。

 でも、チャネルなんて関係なく、すぐに買えるならどこでも良い。それだけのこと。ただ、意外性のあるものとして、鏡を選んだのだ。これを具現化させるにあたり、加賀電子など一流メーカーと組んでいて、やるからには本格的。提案の基盤となるのはAIなので、そのネーミングにしっかり「MIRROR-AI(ミライ)」と入れている。

2.顧客情報を持つ時代、ミラーサイネージであれば、AI に基づきおすすめがスムーズ

 リアルの店舗はキッカケである。ふらりと足を踏み入れたとしても、その店が来店客のデータを持っていたとしたら、どうだろう。そうすれば、その店で商品を探さなくても良いわけだ。なぜかと言えば、その店からレコメンド(おすすめ)ができるからである。

 とはいえ、レコメンドするディスプレイが、、、、あった。鏡である。そう。高木さんが着目したのは鏡なのである。

 鏡のタッチパネルでログインして、自分の趣味嗜好に基づき、適切な服が映し出されるわけだ。あとは、その服の実物を持って照らし合わせれば、購入完了まで、無駄な工数が一切なくなる。

 「どこで買う」かはどうでもいい。あらゆるチャネルが複合的に絡み合って、購入にたどり着いている。

なぜ ミラーサイネージ だったの?

1.出来が悪い自分だから生まれた発想(笑)

 話が逸れるかもしれないが、高木さんが鏡を着想した理由として「自分の出来が悪いから、生まれた発想」といっている。彼は自分の人生を振り返り、不器用だから失敗も多かったと。だったら極力、工数を減らしつつ、リスクヘッジもして一発で最適解にたどり着きたい。そういうわけなのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」