1. HOME
  2. event
  3. 開店
  4. JR恵比寿駅に駅ナカ業態「TAPS BY YEBISU」

JR恵比寿駅に駅ナカ業態「TAPS BY YEBISU」

サッポロビールは、JR東日本クロスステーションとの共創プロジェクトとして、JR恵比寿駅東口構内に“駅と街をつなぐ新しい駅ナカ業態”「TAPS BY YEBISU」を9月16日にオープンする。

ヱビスビールは1890年に現在の恵比寿ガーデンプレイス、当時は目黒村・三田にて誕生した。その後、ヱビスビールを輸送するための駅として「恵比寿停車場」という新駅が作られ、やがて「恵比寿駅」となり、のちに「恵比寿」という街の名となりました。ヱビスは、街の名になり、駅の名になったビールブランドである。

本店舗では高品質の「ヱビスビール」をはじめ「琥珀ヱビス プレミアムアンバー」ほか数種のヱビスブランド商品を用意。

ヱビスならではの本格的なおいしさと、豊富なラインナップがあるからこその、多彩なビールの楽しみ方である。季節限定のラインナップや、5種類のヱビスから組み合わせを選ぶ、ビアブレンドなどはそれを堪能するに相応しい。

フードメニューは“TAP&GO”がコンセプト。オリジナル和香ソーセージは彩り豊かな3種の特製ディップソースで味わえる。フリットは、ヱビスビールの奥深い味わい引き出してくれるだろう。好みに合わせてセレクトできる駅ナカならではの短時間で楽しめる小皿料理もある。また、恵比寿の街の飲食店と定期的にコラボレーションを行うことも明らかにしている。具体的には、“恵比寿の街の逸品”として「特製ポテトサラダ」をラインナップすることになっており、多様なヱビスと、料理のマリアージュを楽しめるというわけだ。

内装は、1988年まで恵比寿の街にあったヱビスビールの工場をイメージ。赤レンガのカウンターやビール醸造に用いる銅製の釜をモチーフにした、カッパー色の照明・インテリアを施した「過去・現在・未来」を感じられるデザインである。ファサードは開放的な入口とし、店内中央に設置したビッグハイテーブルを中心に、気軽に立ち寄れて、賑わいのある空間を演出する。

What's new

未来へ続く | 開店

今後のイベントはございません。