1. HOME
  2. News
  3. カルチャー
  4. キャラ談
  5. トレンド
  6. 「女性」「旅」「パリ」で伝わる19世紀の躍動感 ポーラ美術館コレクション展

「女性」「旅」「パリ」で伝わる19世紀の躍動感 ポーラ美術館コレクション展

 化粧品会社にポーラという会社があるが、その創業者の長男 鈴木常司が創設した「ポーラ美術館」が箱根にある。鈴木さんフランスの現代美術などの収集をしていたものを集めた場所だが、それらを集めて、今、東京・渋谷のBunkamuraは「 ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス」を開催している。化粧品会社の経営者が絵画に興味を抱いたのか。それは各々の画家の様々な手段を通して、その時代の躍動感と人々の興奮を今に伝えるものであるからだと思った次第だ。商品は感動と共にある。

ポーラ美術館コレクション展 当時のパリをリアルに伝える

 この美術展は、箱根にある「ポーラ美術館」の作品でも、印象派などの28名の画家による絵画を厳選していて、化粧道具と合わせて、90件の作品を紹介するもの。

 19世紀のパリというのは、産業が発展するタイミングであったそうで、不思議とのその躍動感は絵からも伝わってくるのである。例えば、「サン=ラザール駅の線路」というクロード・モネの作品は、煙と蒸気がもくもく広がっているものだった。その奥に駅舎が見える。

 鉄道ができたことで、いままでは郊外と思われた場所も一気に近くなって、街に訪れる人も、街自体も変貌を遂げていく。時代とは不思議なもので、今であれば、これは環境的に、、、という問題もあるのだろうが、この時代はむしろ、この煙にこそ時代の進化を見て、それをモネはひたすら感情的に表現しているわけである。

 館内での説明によれば、この絵を描くために、駅近くで部屋を借りたそうだし、汽車を止めさせたり、大量の石炭を焚べるように依頼したなどのエピソードもあって、それでまず、冒頭の「目の前にあるものをただ描くのではなく、結局はその人の内面を映し出すもの」という気持ちに至ったのは、それゆえだ。

動き出す時代の中で、際立つ女性のしなやかさ

 それぞれの目に見えるものが真実である。

 だから、今回の展示会の中でメイン「レースの帽子の少女」というピエール・オーギュスト・ルノワールの作品も、そうであった。ルノワールは自ら絵を描くにあたって、衣装を自分で用意していたなどのエピソードもあって、特に、帽子へのこだわりが強かったとも言われている。

 本当のリアリティというのは、先ほどの汽車の話と通じるが、あるがままを書くのではない。衣装を自分で用意するのも、単純に目に見えるものを描こうという作業的な意味合いであれば、必要はない。彼らにとって絵画は主張であるからこその準備である。

 20世紀にかけての作品も多い。ラウルデュフィの「パリ」は圧巻で、4枚のカンヴァスを使って、屏風に見立てた作品。そこにはパリの名だたる主要なモニュメントが描かれているが、1枚目から4枚目にいくにあたって徐々に、朝から昼、そして夜へと街並みが変化しているのである。いかにして画家がその表現方法の工夫においても、胸の内をリアリティに示そうとしているかがよくわかる。

 そして、この19世紀、芸術の街でやはり輝いていたのは「女性」。しかり、美術展ではいくつもの女性の姿が描かれていたけど、やっぱり、僕自身一番心惹かれたのが先程触れた「レースの帽子の少女」で、女性らしいときめきとしなやかさがある。

 そしてその横にはそっと化粧品の容器が置かれているのも気になった。そういう当時の女性のしなやかさは、その当時の化粧品にも見られていて、こういう女性像をモチーフにしたのか、その曲線的な作りになっていて、心に訴えるものがある。

化粧品もその時代を輝かせる表現

 ところが「ん?なぜ?化粧品?」実を言えば、恥ずかしい話、この美術展のもととなっている「ポーラ美術館」自体が、化粧品会社ポーラの創業者の長男が創設したものであることは、この美術展まで知らなかった次第。すみません。だが、ここに来てみて、創設者の鈴木常司さんが、フランスの現代美術などの収集をしていた意味がよくわかる。

 この美術展のテーマは「女性」「旅」「パリ」。鉄道などにより多くの人が街を意識して、産業が発展していく中で、パリという街は芸術を上手に取り込んで、身も心も女性は輝いていた。しかも絵画はリアリティそのもので、その時代の興奮を今に伝えるものであるとすれば、魅了されるのも無理はない。

 「美しさ」という部分で同じく化粧品を提供するものとして、これらの絵画は琴線に触れる何かがあったのだと思う。こういう「表現するもの」の工夫、またそこで躍動する人々の表情は、何かしら自分たちの表現にも繋がる力を持っていると思う。

 化粧にしてもそうだが、どう自分たちがその表現をするかが大事。こういう「表現するもの」の工夫に触れる機会、またそこで躍動する人々の表情は、ポーラは化粧品会社として、女性や躍動感という意識にどう近づき、華やかな世界を自分たちが演出するかを気にかけていたことを同時に思わせた。アートもまた僕らの日常だ。いまこそ、こういうものに触れる機会を大事にしたい。見る人に何かしらの表現を後押しすることになりそうに思う。

 今日はこのへんで。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索