1. HOME
  2. News
  3. キャラクター・ライセンサー(戦略)
  4. キャラ談
  5. サンリオ展 開始 創業60年 の逸話

サンリオ展 開始 創業60年 の逸話

サンリオ展2021

 2020年で 創業60年 を迎えた株式会社サンリオ。60年の間に400以上のキャラクターを生み出したサンリオの歴史は、そのまま日本のカワイイ文化の歴史と言っても過言ではないだろう。そんなサンリオ60周年を記念したサンリオ史上最大の美術展「 サンリオ展 」が、今春巡回を開始する。

 この美術展は、サンリオ創業以前の歴史から紐解いていき日本が産んだカワイイ文化の成り立ちや、発展について、サンリオの目線で掘り下げていくもの。第一弾は名古屋・松坂屋美術館で4月24日(土)から開催。その後は全国主要都市の美術館及び 博物館で開催が予定されている。 

 今や「カワイイ」という言葉は世界で通用するワードであり、その原点であるサンリオの功績は大きい。サンリオ草創期の歴史を辿ると、キャラクタービジネスのヒミツも見えてくるに違いないし、人気キャラクターたちがどのようにして誕生したのかは誰にとっても気になるところではないか。

 今回は、「やなせたかし」「水森亜土」「内藤ルネ」など日本を代表する作家とサンリオとの関係にはじまり、 世界の歌姫「レディ・ガガ」が実際に着用したハローキティのドレスの再現まで会場全体を余すことなく一堂に紹介していくという。

  • <見どころ> 
  • ※プロローグ 増田セバスチャン氏によるシンボリックアート作品 「Unforgettable Tower」 
  • ❶いちごから始まった「カワイイ文化」 
  • サンリオのファンシー文化のルーツを探る。 
  • やなせたかしさん、水森亜土さん、内藤ルネさんとの関わりや軌跡も紹介! 
  • ❷キャラクターの誕生 
  • すべての判断基準は「カワイイ」か?「かわいくない」か? 
  • 貴重な原画とともにサンリオキャラクター誕生の過程を掘り下げる。 
  • ❸サンリオキャラクターズ 
  • ヒットキャラクターをどうやって生み出すか? 
  • サンリオがいかにキャラクターを育成していったのかを紹介します。 
  • ➍「カワイイ」という感覚はすべて「いちご新聞」が教えてくれた! 
  • 女の子ならば一度は手にとったことがある「いちご新聞」。 
  • いちご新聞を通じてサンリオがファンに伝えたかったこととは? 
  • ➎大人が好きになってもいいの?「ハローキティ」が起こした価値観の革命 
  • ハローキティブームは単なるブームではなく「仕掛けられた革命」だった! 
  • あの世界的セレブ「レディ・ガガ」が着たドレスを再現したドレス展示等、 ハローキティを通じて、サンリオキャラクターが長く愛し続けられるヒミツを解説する。 
  • ❻新進気鋭のアーティストたちとの競演! 
  • アートの各分野で活躍するアーティストが展示会のためのオリジナル作品を制作。 深堀隆介氏(オブジェ)・中臣一氏(バンブーアート)・森貴也氏(彫刻)・はしもとみお氏(彫刻)・福井利佐氏など。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索