1. HOME
  2. News
  3. キャラクターグッズ
  4. キャラ談
  5. ライセンスビジネス
  6. きゃりーぱみゅぱみゅ の力で花咲く“地元産業”

きゃりーぱみゅぱみゅ の力で花咲く“地元産業”

 コロナ禍で人流がない中で、地域はどうやって活性化できるのか。アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅさんの取り組みは、彼女らしい価値の発揮の仕方で地域に明るい光を灯す。「LOCAL POWER JAPAN project」と名付けられた仕掛けは、地元への愛で溢れている。

きゃりーぱみゅぱみゅの才能が最大化

1.才能は地方に価値をもたらす

 まず、きゃりーぱにゅぱにゅさんのようなアーティストにできることはなんだろう。それは、ライブを通して、ファンとの繋がりを実感する事だ。だから全国各地津々浦々、色々な拠点に行ってはライブをこなすのだ。つまり、アーティストと全国地方は、ライブとファンを通して繋がっているということになる。縁深い関係性にあるわけだ。

 一方で、昨今、コロナ禍による地方産業や観光業へのダメージは大きい。

 そこで、きゃりーぱみゅぱみゅさんは地域との関係性の中で、これまで培ってきた価値を生かそうとかなえた。要は、ライブでファンと触れ合うだけでなく、地域の産業と連携することを着想したわけだ。そこには、彼女ならではの才能の発揮の仕方があって、実に魅力的。センスに溢れたその才能は、地域でもその役目をしっかり果たして、その価値を互いに引き上げた。

2.熊本「通潤酒造」のロゴがキュートに

 自らの才能の発揮の仕方?そう思われる人もいるだろう。実は、彼女のジャケットやMVはどれもアーティスティックな側面が強い。だからそのモチーフで新しい価値を生み出すことができるかもしれない。そこにこの企画の核たる部分がある。彼女のフィルターを通して見える伝統企業の姿は刺激的で感度にあふれているのだ。

 これは、今年創業252年を迎えた熊本の「通潤酒造」とのコラボレーションである。

 画面の下にある丸い円がこの会社のロゴである。ここで取り入れたのは、「コラボロゴ」という企画。パートナー企業のロゴをリメイクするわけだ。水色のチューブのような腕と赤い手袋のデザインを取り入れる事で、明るく華やかな印象となった。(※販売終了)

 通潤酒造の円が重なったロゴマークがフレッシュに進化している。「ピカピカふぁんたじん」の初回限定盤Aのクリエイティブをオマージュにデザインした。同作品は2014年にリリースされたアルバムで、ファンには懐かしく、馴染み深い。

3.広島「にしき堂」がファニーテイストに

 広島では「にしき堂」とコラボをしている。地元の銘菓「もみじ饅頭」メーカー最大手である。

 カステラ生地でこし餡を包み、 広島県の県花・県木の「もみじ」の型に焼き上げたもの。それが「もみじ饅頭」である。「コラボロゴ」は「ファミリーパーティー」の通常盤CDジャケットのクリエイティブをオマージュデザインした。

 パッケージも実に可愛らしい。4本の手と頭がもみじ饅頭に変身した「もみじパーティー」状態のロボットきゃりー。スペシャルBOXの中に、 定番のこしあんと人気のチーズクリームのもみじ饅頭が5個詰め合わせられている。(※販売終了)

4.京都「永楽屋」は怖かわいく

 京都では「永楽屋」と連携。かつて、永楽屋のブランドロゴがハロウィン単独公演「THE SPOOKY OBAKEYASHIKI」のキービジュアルをモチーフにリメイクされた。2017年10月28日、29日に東京体育館で行われた伝説的?ライブである。出演していた妖怪たちが「永楽屋」のロゴマーク「永楽通宝」にいたずらしているかのような、“怖カワイイ”デザイン。色々かんがえるものだ。

5.全国各地をライブしたからこその愛情

 きゃりーぱみゅぱみゅさんがライブに行かなくとも、彼女の才能が発揮され、結果的に地域企業の価値を底上げしている点が魅力的だ。その土台にはファンもいる。少なからずそこでそこで認知が広がる事で、身近な地元愛にもプラスに作用する。

 第一に、アーティストの力の発揮の仕方。第二に、ライブが全国各地に行っているという視点。第三にファンの力。これらを掛け合わせる事で、地域が活性化する。バラバラに存在するその価値を上手に紐付け、別の価値を、ゼロから生み出す。この着眼点は見事だと思う。

 今日はこの辺で。

 

関連記事

145が自らの考えを大事に、わかりやすく想いを持ってビジネスの本質に迫るメディアです。主に小売業、ものづくりとキャラクターライセンスを追っています。
詳しくはこちら

【license】ウォルト・ディズニー 【license】サンリオ 【license】作家プロデュース 【license】漫画・アニメ・映画 【Product】アクセ・ジュエリー 【Product】アパレル 【Product】インテリア 【Product】コスメ・健康 【Product】スイーツ 【Product】ホーム・台所 【Product】文具 【Product】玩具・ガチャ 【Product】雑貨・小物 【Product】食品 【Product】飲料・酒 【Retail】CRM 【Retail】D2C 【Retail】OEM 【Retail】OMO 【Retail】ふるさと納税 【Retail】オンラインショッピングモール 【Retail】コンサルタント 【Retail】コールセンター 【Retail】サイト制作 【Retail】チャット 【Retail】フードテック 【Retail】マーケティングオートメーション(MA)・メール配信 【Retail】マーチャンダイジング(MD) 【Retail】リユース・フリマ 【Retail】レンタル 【Retail】受注管理 【Retail】広告・販売促進 【Retail】接客 【Retail】決済代行 【Retail】物流・バックヤード 【Retail】自社EC/ASPカート 【Retail】自社EC/フルスクラッチ 【Retail】越境EC カルチャー/新進気鋭デザイナー コンテンツ/スポーツブランド コンテンツ/歌手・タレント デジタル/AI デジタル/CX デジタル/IOT デジタル/NFT デジタル/Web3 デジタル/アプリ デジタル/フィンテック デジタル/製造業テック デジタル・トレンド トレンド/SDGs トレンド/ミュージック トレンド/ランキング トレンド/動画配信 トレンド/美術展 トレンド/調査・データ ファンシー/Curious George ファンシー/ミッキーマウス ブランド/コンテンツ モール/Amazon モール/au PAY マーケット モール/Yahoo!ショッピング モール/楽天ファッション モール/楽天市場 ユニクロ/ブランド リテール・トレンド 小売店/ウォルマート 接客/やずや 接客/ライブコマース 接客・販促/Instagram 接客・販促/LINE 接客・販促/TikTok 接客・販促/YouTube 業態/SPA 業態/コンビニ 業態/スーパーマーケット 業態/卸売 業態/専門店 業態/百貨店・商業施設 業態/飲食店 物流・バックヤード/日本郵便 玩具/バンダイ 経営・マネージメント(事業と事象) 自社EC/BASE 自社EC/GMOクラウドEC 自社EC/Shopify 自社EC/カラーミーショップ 自社EC/フューチャーショップ 自社EC/メイクショップ 解説/ありがとう店の舞台裏 解説/ものづくりのセオリー 解説/アーティストの感性に触れる 解説/ハロートークショー 解説/ヒーローインタビュー 解説/初心者の方、どーぞ 解説/奥深きキャラクターの背景 解説/潜入イベントレポ 解説/社長の真意 解説/視点をかえてみると? 解説/賢くなろう-商売の教科書

最近の記事