1. HOME
  2. News
  3. カルチャー・アート
  4. キャラ談
  5. きゃりーぱみゅぱみゅ の力で花咲く“地元産業” コンテンツの可能性を思い知る

きゃりーぱみゅぱみゅ の力で花咲く“地元産業” コンテンツの可能性を思い知る

 素敵な取り組みだなあと思って、取り上げた。コロナ禍で人流がない中で、地域ってどうやって活性化できるんだろう。そんな中で、アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅさんが彼女らしい価値の発揮の仕方で地域に明るい光を灯していた。それは「LOCAL POWER JAPAN project」といって、地元への愛が溢れている。

きゃりーぱみゅぱみゅ の才能が最大化 地方に光を当てる

 それがどんな風に、地域に明るい灯火をもたらしたのか。

 少し考えてみて欲しいが、元々彼女のようなアーティストはライブを通して、ファンとの繋がりを実感するわけだ。すると、それこそ全国各地色々なところに行ってはライブをこなすわけで、実はアーティストと全国の様々な地方は縁が深いのである。

 だからこそ、きゃりーぱみゅぱみゅさんら関係者スタッフは自分達に「何かできることはないか」と考えたわけだ。昨今、コロナ禍による地方産業や観光業へのダメージがあって、今少しずつ再開していく中にあっても、きゃりーぱみゅぱみゅさんは全国のファンに会いにいくだけでなく、その地域の産業に活力を与えられないかというわけであり、そこがこの企画の原点である。

過去のデザインが今発揮され地方に活力を

1.熊本「通潤酒造」のロゴがキュートに

 これがまた彼女らしいと思ったのは彼女のライブを始め、ジャケットやMVなどいずれも、アーティスティックな演出が多い。ということは、各地の企業との間で、それらで使われたモチーフを使って新しい価値を生み出すことができるかもしれないと考えて、下記のようなコラボに至るわけである。

 これは、今年創業252年を迎えた熊本の「通潤酒造」とのコラボレーションである。

 画面の下にある丸い円がこの会社のロゴである。そこで、パートナー企業ロゴをリメイクする「コラボロゴ」という企画を通して、水色のチューブのような腕と赤い手袋のデザインを商品に取り入れた。(※販売終了)

 通潤酒造の円が重なったロゴマークはきゃりー風に再現されて生まれ変わって、“進化”している。しかも、これらは、2014年にリリースされたアルバム「ピカピカふぁんたじん」の初回限定盤Aのクリエイティブをオマージュにデザインされたものであり、ファンには馴染み深い要素もあって、買いやすい。

・ 広島「にしき堂」がファニーテイストに

 広島では地元の銘菓「もみじ饅頭」メーカー最大手「にしき堂」とコラボしていた。 「もみじ饅頭」とはカステラ生地でこし餡を包み、 広島県の県花・県木の「もみじ」の型に焼き上げたもの。 そ「コラボロゴ」は、 2014年にリリースされた「ファミリーパーティー」の通常盤CDジャケットのクリエイティブをオマージュにデザインされたものである。

 4本の手と頭がもみじ饅頭に変身した「もみじパーティー」状態のロボットきゃりーがインパクト大のスペシャルBOXの中に、 定番のこしあんと人気のチーズクリームのもみじ饅頭が5個詰め合わせられたお土産にぴったりの商品となっている。(※販売終了)

・京都「永楽屋」は怖かわいく

 京都では「永楽屋」と連携。かつて、永楽屋のブランドロゴが、2017年10月28日、29日に東京体育館で行われたハロウィン単独公演「THE SPOOKY OBAKEYASHIKI」のキービジュアルをモチーフにリメイク。ライブに出演していた妖怪たちが「永楽屋」のロゴマーク「永楽通宝」にいたずらしているかのような、“怖カワイイ”デザインになっているというわけである。

 かっての作品をオマージュする形で、各地の地元企業と連携し、商品にふさわしくアレンジされて、全く元の商品はいい意味で、「進化」している。それぞれの企業にとってもいつもと違った顔つきを見せて、彼女ファンならずとも興味を持たせる仕上がりになっている。

全国各地をライブしたからこその愛情

 素晴らしいのは、彼女がライブに行かなくとも、彼女の才能とそこからなる商品を通してファンの心を掴んで、地元に活力を与えているという現実。もっと大きいのは、これらをきっかけに、地元企業の魅力に気づかせる格好になっている点である。

 ライブとは違った視点でのアーティストの力の発揮の仕方でありながら、お世話になってきた地元への愛が溢れている。この手があったかと素直に思った。コンテンツの価値が商品にきっかけをもたらし、活力を与えるっていいじゃないか。今度、また出すタイミングには、担当者の方に取材を試みたいと思う。

 今日はこの辺で。

 

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事