1. HOME
  2. 特集
  3. 【連載】 化粧品 食品 で存在感 流通サービス 語る 物流 にできる事

時代を読む 特集

【連載】 化粧品 食品 で存在感 流通サービス 語る 物流 にできる事

 ネット通販が当たり前になるほど 物流 との関係性が課題になる。ここでは、オルビスや生協などでがっちりとタッグを組んで存在感を示す 流通サービス を取り上げる。特に 化粧品 と 食品 という難しい商材と向き合現場目線を 長谷川雅之さんに聞いた。

【目次】

  • 1.物流の専門家だからできる投資
  • 2.著名人で徹底討論 あるべき通販の姿
  • 3.都会の真ん中 冷蔵倉庫の付加価値が高い理由

1. 物流の専門家だからできる投資

 その意味で、流通サービスは、オルビスの関係が理想的で、彼らはまだ1日数百件の時代からの仲である。長い付き合いと信頼を担保に、思い切った投資ができている実態があって、これが非常にお互いにとってwin-winの関係性を作り出している。

そこで僕が注目したのは、最近、流通サービスで導入した「AGV」である。要は、倉庫にある品をあちらからこちらへと、無人で搬送するロボットのような存在。流通サービスは、従来に存在する「AGV」を自らカスタマイズして、「オルビス商品の出荷」での最適な仕組みを作り上げた点だ。つまりは、ここの「AGV」は唯一無二、他には存在しない「AGV」なのである。

AGVの様子

AGVの様子

記事:流通サービス 入魂 オルビス 通販で生きる 唯一無二の AGV(Clickで飛べます)

2.著名人で徹底討論 あるべき通販の姿

次に、このAGVに関してわかったところで、これを専門家に見てもらうことにした。見た上で、マガシークの北川 誠さん、リンクスの小橋 重信さん、AMSの古田俊雄さん、そしてそこに、オルビスの物流を担う流通サービスの 長谷川雅之さんを加えて、自らの知見を交えて、議論してもらったのだ。

記事;“安さで競わない” 通販物流とは 専門家と語り合うホンネ(Clickでで飛べます)

ただ、最近においては、物流もプラットフォーム化が進んでいるのも事実。カスタマイズすることなく、ある一定のルールに合わせてもらうことで、多くの企業がネット通販などにチャレンジしやすくするなどの動きもあって、それとはある意味、別軸での動きにはなる。とはいえ、通販にとってまずは最適な物流環境は何かを考えつつ、その本質に迫り、ここではそのあるべき姿を模索できればと思っている。

3.都会の真ん中 冷蔵倉庫の付加価値が高い理由

僕は流通サービスの中目黒の倉庫にやってきた。この都会のど真ん中にあるのは冷蔵倉庫なのである。コストもかかるだろうに、そう思ったわけだが、利用している企業がこの冷蔵倉庫を差別化要因として、重要な位置付けをしているから、この場所でも納得しているのだとあとでわかった。

冷蔵保管して、すぐに生産物を劣化させる事なく、お客様の元に届けることは、お客様にとっても付加価値のあることだったのです。

関連記事:潜入!生産者のこだわり 通販 で届ける 冷蔵倉庫 の役目

今日はこの辺で。

特集一覧

時代が解り未来が見える