1. HOME
  2. 特集
  3. 【連載】物流 から見た トレンド 変貌の理由/リンクス

時代を読む 特集

【連載】物流 から見た トレンド 変貌の理由/リンクス

 物流の専門家リンクスの代表取締役 小橋重信さんと話していると、彼の話には物流の悩みにおける解決にとどまらず、物流がどうあるべきなのかということに言及し、今のトレンドと物流がどう結びついているかに関しての指摘が多いように思う。そこで、定期的に、小橋さんと話すことで、物流の観点から、今という時代を斬ろうと思う。

ChoosyやZARAに見る意外な形での物流の貢献

 ECなどにおいては、物流をコストと見なし、安く安くしようとする傾向があるけれど、世界を牽引するファッション企業は、実は物流にコストを割いて、むしろそれを強みに変えて、その座を手に入れた。それはZARAである。

1.Choosyの革命

ZARAの話をする前に、最近、脚光を集めているブランドに「Choosy」というブランドの話をしたい。その中身はまずInstagramで流行っているものをクローリングして、「皆ならどれが欲しい?」と問いかける。もし問いかけた相手から200枚、買う声が集まれば、商品化され、できるまでの時間はわずか2週間。

Choosy が ファッションで、 流行る理由

Choosy

お客様の方がファッションに合わせている時代から、ファッションの方がお客様に合わせる時代になったということだ。

関連記事:最速 アパレル SNSでニーズを掴んで 48時間以内 で生産 Choosy 成功術

2.ZARAがなぜ世界一になれたのか?

物流を味方につけて、世界を牽引するファッション企業はZARAである。ファッションは限りなく、顧客に合わせて、作られる時代となっている。

だから、ZARAは敢えて、そこでスペインの本国で徹底的にマーケティングリサーチを行い、そこでのデータをもとに、トレンドを分析し、それを最短の時間で、作る様にして、人の興味を抱くファッションとの間に、極力時間的なズレをなくして、いく方法に出たわけである。

すると、自ずとそれを全世界に、すぐに「届けなければならない」という発想にたどり着く。その物流コストは並大抵ではないが、企業として、ファッションの時間的なズレを作らないところにプライオリティをおいた以上、これまでは「コストの対象」でしかなかった物流を武器に変えて、世界一位へと駆け上がったのである。

安定の 利益率 の秘密

関連記事:ZARA を世界一へ導う 戦略 高い 利益率 の秘訣

3.顧客起点にして自由自在にその価値を伝えるには物流が生きる

そして、顧客を最優先していく発想は、ネットの王者Amazonもそうで、顧客に柔軟に合わせることによって覇権を握った企業である。彼らの発想はまず、場所ありきで、人を集めて、商品を揃える、という視点ではなく、顧客を起点にして、そこに色々な形で変幻自在にアプローチすることで、その存在感を発揮した。この考え方は今の時代の小売に必要な視点だ。

小売 戦略 は “場所”でなく“顧客視点” Amazonの動きに学ぶ

4.小売が物流をテコに変貌を遂げた

アメリカ に目を向けるとウォルマートは店とメーカーとの役割を上手に分担して、お互いの力を最大化している。僕は日本の商いが、それと比較して改めて独自なものだと気付かされた。 違い を知ることでそこに 日本 の“小売”やブランドが 未来 に向けて飛躍する為のヒントもありそうに思った。

関連記事:アメリカ 日本 “小売”の 違い ネットで“個人商店”をやるのが 日本の価値

4.もうECでもリアルでもない。両方まぜたオムニチャネルの時代

「実は、我々オムニチャネル協会で、調べたデータによれば、“オムニチャネル”の売上シェアが小売全体の4割を超えているんですよね(野村総合研究所(2019年))」。リンクス 代表取締役 小橋重信さんは2022年の展望で、そんな話から始めた。ここでは最も上手に活用した ウォルマート を例に挙げて、彼と共にその本質的理解に迫ろうと思う。

関連記事:飛躍は“オムニチャネル”にあり ウォルマート に学ぶ リアルとネットの融合

特集一覧

時代が解り未来が見える