1. HOME
  2. 特集
  3. 【連載】 AMS と語る リアル店の在庫を活かすスタッフの行動管理と変革

時代を読む 特集

【連載】 AMS と語る リアル店の在庫を活かすスタッフの行動管理と変革

 最近デジタルシフトが進んでいるけど、大事なのはネット単体で見ることではなく、リアルと一体で見て、リアル側の行動をどう変えていけるか大事。ここではファッションに特化して AMS 取締役 古田俊雄さんと議論を重ねていこうと思う。それは、ブランドごと、お店が分かれていて、リアルのお店と倉庫で全ての在庫が揃うから、このリアルのお店の姿勢をどう変えていくかで激変するからである。

DX推進で一番、注目したいのは「在庫」

デジタルシフトが進んでいるけど、大事なのはネット単体で見ることではなく、リアルと一体で見て、リアル側の行動をどう変えていけるか大事。ネット通販での受注をリアルのお店に並んでいる在庫を生かすために、必要な企業として、現場としての行動は何か。そこを話すのが、下記の記事のAMSの古田俊雄さんとの話である。その点、在庫に目を向けよ、としている。

小売店 の デジタルシフト その前に “在庫”で生産性を高めよ

小売店 の デジタルシフト その前に “在庫”で生産性を高めよ

記事:小売店 の デジタルシフト その前に “在庫”で生産性を高めよ(Clickで飛べます)

上記の記事によれば、いかにその在庫の意識が生産性と売り上げの両面に関わってくるかがわかってもらえたと思う。では、その在庫の重要性に合わせて、前提として店の行動をどう変えていくべきなのか、という各論に迫った。ここでは、シンプルであるが、AMSがネットとの融合を果たす上で行っている、リアル店に対して行うチェック項目を上げていて、これが参考になる。

専門店変革期

専門店変革期

記事:2020年 歴史の転換点 コロナ禍 ブランド 専門店 復活の糸口(Clickで飛べます)

ちなみに、余談であるが、そこで、最近楽天は「楽天ファッション」を通じて、オムニチャネルのプラットフォームを設計しているが、この裏側で上記の理論に従い、システムのフォローをしているのが、まさに、先ほど来話をしてくれている古田さんの会社、AMSなのである。

記事:楽天ファッション 在庫 を最大化させ 売上 利益率 改善図る(Clickで飛べます)

オムニチャネルなどという言葉もよく聞かれるが、リアルの店舗スタッフが変わらずしてそれも具現化できない。だからこそ、デジタルをうまく活用しながら、リアルな行動をどう構築していくかが肝であり、それ次第で、生産性を高く、売り上げも上がる。在庫連動だけで事が解決するほど、甘くはないし、その為の仕組みづくりを、古田さんと話すたび、痛感するのである。

今日はこの辺で。

特集一覧

時代が解り未来が見える