1. HOME
  2. 特集
  3. 【特集】NFTは最新鋭の“コミュニケーション手段” 作って見えたその世界

時代を読む 特集

【特集】NFTは最新鋭の“コミュニケーション手段” 作って見えたその世界

昨今、NFTとかメタバースなんて言葉がよく聞かれますけど、これが実際、僕らにどんな変化をもたらすのか。その点について、色々な観点から見てみたいと思います。

■コンテンツをデジタル上の価値にする

・NFTやメタバースが与える影響

2021年はコロナ禍もあり、経済活動の拠点がリアルからデジタルに移りつつあることを示した一年ではないでしょうか。先日、マインドワークス・エンタテインメント 代表取締役 近藤健祐さんと話していて、そんな話が出ました。

特にNFTやメタバースというワードは今年から主に聞かれるようになりました。彼はコンテンツを取り扱う専門家として、そういう言葉も交えて自らの見解のもと、その意識を変える必要があると熱っぽく語ったのです。

そもそも「NFT」とは「Non-Fungible Token:非代替性トークン」の略。例えばアートや音楽でもなんでもいい。唯一無二のデジタル上での資産があるとして、それに固有の価値を持たせるものなんです。そこにはブロックチェーン技術が活用されていて、その価値は代替え不可なものにするわけです。だからそれ自体に値段をつけることも可能で、それ自体が全く今までにない価値のやりとりとして脚光を浴びることになっています。

例えていうなら、世界で一つしかないリアル絵画のようなものが、デジタル上にも唯一無二のものとして、存在するということですね。

例を挙げるならTwitterの創業者ジャック・ドーシーさんは、彼自身が初めてTwitterで投稿した内容をNFT化して販売して、オークションサイトValuableにて291万5835ドル(約3億1640万円)で落札されました。

・NFTは消費行動の最終形態?

時を同じくしてFacebook社がメタ社へと社名を改め、メタバースの企業へと変容しようとしています。これも経済の拠点がデジタルへと変わる予兆なのではないかと思います。メタバースを表す概念として我々が一番、イメージしやすいのは、任天堂の「どうぶつの森」でしょうか。その中で皆が生活をして、そこで消費をするなどして、人生を送るのです。

こういう時代の流れからすると、冒頭話した「NFT」すらも、そういうデジタルで生活する中での消費行動の着地点なのかもしれないと予測されるのです。どういうことでしょうか。近藤さんが口にしたのは、当たり前に、デジタルの中で生活し、デジタルの中で価値を見つけて、その中でお金を支払う、ということになるのではないかということでした。

例えば、NFTで購入したものが、その自分のデジタル上の家で飾られていたりして、自分の付加価値を高めるとともに、その購入したものがもっと高値で売れるから、売りに出す、ということもありえそうです。なるほど。

・キャラクターコンテンツもデジタル上で価値を

彼自身も、キャラクターライセンスに関わる仕事をしていますから、そこに置き換えて、こう話すわけです。少なからず、近い将来、キャラクターなどのコンテンツに関しても、そういうデジタル上で価値がつくということがありえる世の中になっていくと。

「例えば、今までキャラクター関連の消費に3万円を費やしていたとして、そのうち、リアルに費やすのは極めて限られたキャラクターのみになっていく、なんてこともありえる」と。だから、ライセンスに携わる人間は、そこを理解してこそ、作家の価値を伸ばせるし、自分達もまた、それを知らずにいたら、その存在意義を失いかねないと語るわけです。

その話を聞きながら、僕は思います。今まではキャラクターに関わる人たちというのは、純粋に絵を描き、物を売って、マネタイズしてきたわけであるけど、それも変わりゆくのかなと。

商品として売れる量というのが、これまでで言えば、そのキャラクター作家にとっての生命線であって、それでマネタイズできない場合、それが好きな人は副業で商品をつくっている人も多くみられました。

・リアルなものでなくデジタル上で価値がある

けれど、昨今はネット通販によって誰でも売れるという環境を生み出された結果、その各自の才能は多くの人の目に触れることとなりました。

ちゃんと作品や商品が販売できる環境ができたことで、別に大きな会社と組まずとも彼ら単体で生計を立てられるに至っています。ネットは人々の才能の裾野を広げてきたと思います。

そこからの進化系がこのへんではないかと。例えば、そのアーティストを色々深掘りをしていく中で、いずれ高値で売れることを見越して、そういう投資家の間で、そういう作家の元の作品が売れていくなんてことが起きてもおかしくありません。

そうやってブレイクを掴む人たちが出てきてもおかしくはないですし、そういうことをやってのける作家が出てきてもおかしくないでしょう。

ただ、忘れてはならないのは価値の本質は変わらず、その価値の「流通」が変化しているということ。だから、本物を見極める力と、自分自身が本物になる努力、それが問われることには変わりありません。

経済活動の拠点にデジタルの存在感が増してくる日を見越して、デジタルの中に何を価値と見なし、そこであなたは何をするでしょうか。

■初心者ながらNFT出品してみた

・ええい!出品、販売してしまえ!

最近、NFTってワードをよく耳にするじゃないですか?それで、自分でもNFTを出品してみようと。僕は現場主義なんで、自分でやってみないと見えてこないこともあると思っているからです。まず「NFT」っていうのはNon-Fungible Token(ノン-ファンジャブル トークン)の略で「デジタル上の資産に唯一無二の価値を与える」ことを意味しています。

リアルで言えば、ピカソの絵画などがそうで、あれは唯一無二だから、それを買い求める人が出てきます。同じようにして、それができる理由はブロックチェーンという技術があるからで、そのリアルな絵画同様に誰から誰へと購入されているのかが明確になります。

その「NFT」はどうやって作られるのかって案外、知らないですよね。まずNFTは専用マーケットプレイスでやり取りをされていて、誰の手に渡ったか明確にされます。代表的なものとして「 OpenSea」があって、そこでNFTがやり取りされています。

・何でも出品できる

また、そこに出品、販売する作品は「jpgデータ」などの画像データや音声データ等何でもよくて、誰でも出品、販売できます。ならばと思い、僕のお馴染み「145chan」イラストでまだ一般公開されていないものをアップしようと考えたわけです(笑)。ただ「NFT」のやり取りは日本円で行えず、仮想通貨を使用しなければなりません。僕は早速「 コインチェック」に登録をする事から始めたのです。

コインチェックは仮想通貨の取引所で、現金を伴うものなので身分を証明する資料が必要ですが、それさえあれば、スマホの写真で本人確認ができます。30分以内で完了しました。すごい時代ですよね。あとは、コインチェックの指定口座に自分の銀行口座から振り込みをするだけ。アプリ内で「販売所」というタブを選ぶと、下の写真の左端のように取引している仮想通貨を見ることができます。

その「OpenSsa」という売り場ならば仮想通貨は「イーサリアム」がベター。イーサリアムを選ぶと上の写真の中央のように「購入」ボタンが出てきて押すと「イーサリアムの購入」画面が出てきます。

先ほどの振り込みでコインチェックに入金されていれば日本円の残高が出ます。それが上の写真の右端です。その残高の範囲内「金額」を打ち込んで、それに相当する額の範疇で仮想通貨に換金できるというわけです。

・メタマスクに仮想通貨を入れて

ただ「OpenSea」で販売するにはもう一つ、やらなければいけない過程があって、それは「 メタマスク」というアプリが必要。いわば「財布」です。だからコインチェックで換金したイーサリアムを「メタマスク」に送金しなきゃいけないんですよね。

送金をする為にコインチェックの「ウォレット」というタブをタップします。下の左写真の通り、そこで今度は「イーサリアムの残高」を見ます。送れる範疇で数字を入れ「送金」ボタンをポチッとします。

すると送り先をどこにするかが出てくるので、「メタマスク」のアプリ画面(上写真の右)でアカウント名の下の水色のところに書かれたアドレスをコピーして、コインチェックの送信画面に貼り付けます。それでイーサリアムとして「メタマスク」に送金されました。

・OpenSeaにアカウント作成

OpenSeaのサイト上ではアカウント開設時にウォレットの指定がありますからここで「メタマスク」を選ぶんです。その際に「メタマスク」のアカウントを連携されれば「OpenSea」でのアカウントが作成できるということになるわけです。ここで初めて「145chan」データが出品できるようになります。出品までは無料です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

特集一覧

時代が解り未来が見える