小売DX学

Retail Digital Transformation

小売の舞台裏にあるストーリーを追うカテゴリーです

 かつてはマス広告のもと、大量生産、大量消費をしていました。でも、消費者に近いところから発信できるようになり、様変わりしました。また、僕らが商品を買う環境も変わりました。まさに、小売も、デジタルトランスフォーメーション(DX)の時代です。

ネット通販の世界から小売を考える

1.大きく分けてモールと自社ECに分けられる

まず、ネット通販を考える上で、大きく二つに分けられます。

 一つが、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールです。リアルでいうところの百貨店ですね。昨今は経済圏を構築して他サービスと併用させてモールで優先的買ってもらう工夫をしています。※絵柄をクリックすれば各カテゴリー項目へ飛べます。

それに対して、自社EC。こちらは、街中にたたずむ専門店のようなものです。ただ、その強みを活かすことで、お客さまに継続的に買っていただく環境を作り出します。

2.自社ECは長所を伸ばす工夫が大事

 自社ECは、モールと違い、ベンダーと連携するなどして、店舗の長所を伸ばすことができます。どこに注力して、その個性を伸ばすかは、各々の店舗により、時期や方向性により、異なるところでしょう。

2-1.商品のお話〜生産、もしくはMDはどうするのか〜

  まずは、商品に関連する話です。仕入れであれば、MDをどうしていくのか。自社で製造するのであれば、その生産管理はどうしているのかということになります。

2-2.仕掛けのお話〜販促やSNSの施策はどうするのか〜

 続いて、仕掛けの話です。当然、広告などの販売促進や、SNSなどを通じた発信などで、いかに売れるようにしていけるかということになります。

2-3.注文のお話〜どう接して、どう受注に至るのか〜

 今度は、注文のお話です。お客様との受注に関してと、受注に至るまでのお客様との関係性をどう深められるかです。

2-4.お客様を知るというお話

 お客様を知るというお話です。まずはお客様を適切にデータとして分析。それを次のアクションに活かします。お客様との適切な接点をPDCAで回して探るといったことになります。

2-5.物流のお話〜お客様との最終的な受け渡しの質をどう高める?

 物流のお話です。ラストワンマイルと言って、お客様との最終的な受け渡しの部分に関して、いかに工夫して、顧客満足度を高められるかという話です。

3.リアル店舗としての視点

 身近なところにお店があるというのは日本独自の文化です。日本の小売市場で、圧倒的に影響力を持っているのは、リアル店舗になります。リアル店舗として、未来に向けて、どう動いているのかという話になります。


4.これからの人のために

 そもそもいまさら聞けない、ネット通販を抑える上で初歩的な知識に関しては、ここで基礎知識として、まとめてみました。

5.小売DXを考える上で抑えたい社会の動き

ここまで色々、書きましたが、これらを踏まえ、世の中を俯瞰することが大事です。そこで敢えて、通販に絡む企業の動きとして押さえておきたいものも別途、カテゴライズしてみました。

「小売DX学」は小売に関わる全ての企業と人を応援して、記事を通してその素敵さを紐解いていきたいと思います。

https://145magazine.jp/blogs/retail/

関連記事:ネット通販“開設”前の 最低知識

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事