1. HOME
  2. 特集
  3. 【特集】成瀬君 ほまれ君 ブルべア TikToker とキャラビジネス

時代を読む 特集

【特集】成瀬君 ほまれ君 ブルべア TikToker とキャラビジネス

 この2人はTikTokが生み出したスター「成瀬」くんと「ほまれ」くんである。瞬く間に時代の寵児となり、 キャラ となった。キデイランド原宿店の正面に「ブルベア」「成瀬」「ほまれ」「こたろう」というTikToker のキャラクターグッズが置かれていて、僕は思う。時代は刻一刻と変わりいずれ今の常識は通用しなくなる。この特集では未来に繋がるキャラ時代を考えたのだ。

TikTok73万人のフォロワーの成瀬くんらがサンリオと組む現実

 「TikTok」において、成瀬くん(写真右)は73万人のフォロワー、ほまれくん(写真左)は13万人のフォロワーがいて、それをやってのけたのが若干10代の若者だという事実。特別な機材などなくiPhoneなどを巧みに使って、独自の発想を15秒程度の動画に込めて、その地位を勝ち取った。

 例えば、僕らが情報を得るといえば、多くはテレビなどのマスメディアからであり、画一的にヒットが生まれていた。だから、そこに大きなお金が動いて、世の中は活気に湧いたけど、彼らはどうだろう。TikTokでその勢いを掴み、そして、キャラクターの大御所サンリオを組むに至ったわけである。

記事:成瀬 & ほまれ TikTok で掴んだ サンリオ と コラボ の快挙(Clickで飛べます)

脇役だった「ブルベア」がTikTokで主役の座を掴むまで

 「TikTok」でチャンスを掴んだのはキャラクターもまたそうで、その一つが『ブルベア』である。

 「ブルベア」とは、イラストレーターの”ちまきandもちいちろう”がデザインをしたキャラクターで、人気ロックバンド「BLUE ENCOUNT」のグッズに使われたことでバンドのファンには認知された。だが、世間では一部しか知らないはずのキャラクターだったわけである。

 しかし「ブルベア」は、TikTokアカウントで、24万人のフォロワーを持つインフルエンサー「TikToker」となった。そこで、こちらの記事ではどうやってその領域にまで辿り着いたのかについて、記事にした次第だ。

記事:TikTok24万フォロワーで掴んだ「 ブルベア 」のこれから(Clickで飛べます)

 僕らはどこかで「売れる」「売れない」の判断を固定概念で決めている節があるような気がするが、でも、こうやって今に目を向けると、これまででは考えられなかった「売れる」に巡り会えるのではないかと僕は思っている。

 どうやってSNSで人気となり、グッズとなったのか、という変遷はこれからのキャラクターを考える上で、極めて重要なことであるように思うのだ。

 今日はこの辺で。

 

特集一覧

時代が解り未来が見える