1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. LogiMoPro カラーミーショップ 連携 で改善する店の企画力

LogiMoPro カラーミーショップ 連携 で改善する店の企画力

店 の 企画力 UP を思うと 業務の軽減 は急務。特に物流。

 多くの企業、人がネット通販事業にチャレンジしやすい環境となっている反面、自社のオンライン通販サイト(独自ドメインサイト)は自分たちらしく、店を運営していかなけば、個性を発揮できなくて埋没してしまう。自らが店 の“企画力” で勝負する為に、物流業務 などは 軽減 させておきたいから、清長が提供する「LogiMoPro」のカラーミーショップ連携は歓迎したいと思った。

カラーミーショップ の店の企画力UP に LogiMoPro の 物流業務 軽減が効く

 確かに、ネット通販の事業者にとって、出荷作業や、委託先倉庫への出荷依頼、入出荷実績の反映や出荷お知らせメールの送信などの物流関連業務は大きな負担となっているのは言うまでもない。

 そこで、今回、「カラーミーショップ」でネットショップを作り、店を運営している人に向けて、清長が自らの「LogiMoPro」というサービスをそこに連携させて、それらの人の負担を軽減させる動きを見せている。これにより「カラーミーショップ」を利用しているネット通販の事業者は、出荷業務を「LogiMoPro」にアウトソーシングすることができるようになる。

安定した出荷スピードは顧客満足度を高める

 例えば、スタッフ不在時やセール時などの急な出荷増加があっても変わらず安定した出荷スピードを確保でき、受注データをLogiMoPro倉庫へ自動的に引き渡し、出荷までの全ての作業を自動化を実現できるというわけなのだ。商品マスタや入出荷実績を自動連携させ、商品情報のアップデートやLogiMoPro倉庫と「カラーミーショップ」の在庫数を同期することも可能である。

 実施にあたっては「LogiMoPro」に別途登録を行い、出荷作業をアウトソーシングする必要があるので、若干、手間がかかる。ただ、それ以上に、僕は、ネット通販事業者は空いた時間を商品開発やセールスプロモーションなどのコア業務に有効活用できる時間を大事にするべきだと思うし、その理由は、オリジナリティが求められる時代だと思うから、である。自らの個性を持った商品、仕掛け、工夫がこれまで以上に必要なフェーズをネット通販の企業全てが求められているから、その競争の中で勝ち抜く上では、こうした取り組みの必要性をときたい。

 このような連携をして、自分らしい店にあり方を模索していくのも、長くその商売で生き抜く覚悟があるのであれば、それも一つの手段かと思うのだ。

今日はこの辺で。

参考記事はじめようネット通販

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ会員登録してメディアに参加!