1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通販のやり方
  5. FOR SURE、インフルエンサー の嗜好を利用した販売手法

FOR SURE、インフルエンサー の嗜好を利用した販売手法

FORSUREインフルエンサーの私服で購入した商品のみ販売

 商品を売る、そのことは今まではメーカーがお店に卸したり、あるいはメーカーそのものが小売として販売するのがベターであったけど、全く違った発想である。LIDDELLは、実際に インフルエンサー 自身が 私服 として購入した、厳選された商品だけを 販売 する新しいタイプの小売『FOR SURE(フォーシュア)』のβ版をローンチさせた。

 インフルエンサーの普段の買い物の先に、人に紹介/販売できる仕組みが備わっているわけで、メーカーが作るところまでは同じだが、インフルエンサー自体がこの店で販売の販売員であり、それが販売の原動力なのである。

 “好き”で、実際に買っているからこそ、商品の魅力が伝えられる。そんな「熱量」と「正直さ」が特長で、誰かの依頼で商品を紹介する「#PR」ではなく、SURERIST自身の意思で好きなものを購入して紹介するのがFOR SURE。“好き”を介してブランドのファンが生まれる「コミュニティ×コマース型プラットフォーム」 なのだ。

FORSUREの仕組み
FORSUREの仕組み

 それにあたっては、リデルが関係する20,000人のインフルエンサーから、商品の良さを判別するセンスと目利き力があり、自分自身の言葉でその魅力を語れる人たちを厳選。SURERIST(シュアリスト)と認定し、FOR SUREで活動してもらうことになっている。

 これにより、自らのセンスだけではなく、そこに発信し、影響をもたらすだけの力を持った人たちを救いあげ、最大化させると共に、それが純粋に、お客さんにとっての購買意欲を生み出し、かつ、それが同じ価値観を持つコミュニティのきっかけにもなろう。

出店するアパレル企業/ブランド を募集
FOR SUREでは、ご出店頂けるアパレル企業を募集中。事業成長の新たなオプションとしてFOR SUREの活用を検討して惜しいとのこと。

FOR SUREは、SURERISTとして活動する人を募集
“好き”を自由に発信して、“好き”を信じてモノが買える。そんな新しいECプラットフォームを、一緒に作っていただけるSURERISTを募集中だ。アパレル業界で働いていて結婚や出産を機に辞められた方、副業解禁に伴い自身のセンスで副収入を得たい方、洋服屋を開くのが夢だった方など、ファッション好きな人たちにぜひチャレンジして欲しいとのこと。

詳しくはFOR SUREのホームページ(https://about.forsure.jp)まで。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930