1. HOME
  2. News
  3. 小売の基礎知識
  4. BASE と Shoipfy 比較 自社通販サイト 作るなら どっち?

BASE と Shoipfy 比較 自社通販サイト 作るなら どっち?

比較

 ネットショップを始める際に、大きく分けて、オンラインショッピングモールと 自社通販サイト の二つがあります。今回は、自社通販サイトを構築する仕組みの話でして、ショップをこれから運営したいと言う人から、 Shopify が話題になっているけど、 BASE と何が違うの?と聞かれ、この記事を書いています。

 まず大前提として、自社通販サイトと言うのは、例えば、楽天市場などのような仮想商店街に出店するのではなく、ネット上で全くオリジナルで店を構えて、運営することを言います。リアル店舗の例で説明すれば、百貨店の中にブランドがあるけど、例えば、表参道にも路面店がある、といったことありますよね?百貨店の方が楽天市場で、表参道の方が自社通販サイトということになります。

同じ“自社通販サイト”でも BASE と Shoify 店のレベル感で選択が変わる

初心者に親切な設計

 恐らく、BASEのことは皆知っていて、テレビCMなどにもなっているので、やってみようかなと思っている人も多いと思います。BASEというのは本当に数分あれば、お店を作れちゃうのです。つまり、もう決済まで標準装備されているので、店の名前をつけて、商品登録をしさえすれば、あとはそれで完了です。

 だから、印象としてはクリエイターなどもよく使っていたりして、自ら作品を手掛けたら、このツールを使ってすぐに販売する、などといったことを行えたりします。もしもツールがなければ、その作品を伝える手段もなく、また、伝えられても販売代金のやりとりなど、手間をあげればキリがありません。

 何気ないことですが、今まで自ら全国の人に、作品をウェブ上で見てもらい、それをもとに、お客さんに支払ってもらって、購入するなんてことができるのはまさに画期的なわけです。

固定客が身近にいて、決済の機会を迅速に作りたい人に効果を発揮

 ただ、注意しないといけないことがあります。それはある程度、自分にファンがいることが前提になります。ネット黎明期においては日本では「楽天市場」がネット通販の市場を切り拓きましたが、それは仮想商店街という形式で、複数のショップを一箇所に集めて、そこに集客を集中させているので、店ができた場所にはお客さんがいる、ということが前提になっています。

 ところが、BASEは商店街ではなく、いわば空き地に店を建てるようなものなので、最初人通りもあるわけではなく、自らお客さんを連れて来ないといけない、という要素があります。でも、逆に、先ほど、クリエイターなどが利用して、という話をしたのは、ある程度、ファンがいて、「新作できたよ!」と告知して、作品を見て、買ってもらうなどというような、ライトなショッピングであれば、十分成立しますよね。

 この手軽さがBASEの売りになります。なので、BASEもそういう使い道がしやすいように、従量課金制にしています。アカウント開設しただけなら、無料で、売れたら売れた分だけ、くださいとしているわけです。だから、初心者には使いやすいですよね?

Shopifyは ブランド力 を最大化

使いやすさと最新の仕組みで個性を引き立たせる

 さて、一方の「Shopify」は、同じく自社の通販サイトを運営するのに必要な仕組みが揃っているツールを提供していて、彼らが念頭に置いているのは、徹底したお店主義です。

 お店主義?と思われるかもしれません。つまり、先ほど、BASEのところでも話しましたが、自社通販サイトは空き地に店が建つようなものなんですよね。だから、基本、その店自体がそれなりにブランディングできていなければ、商売に太刀打ちできないわけなんです。いかにお店主義かはこちらの記事をご覧ください。

ブランド力ゆえ、その維持には配慮を細部に渡ってしないといけない

 極端な例を言います。BASEで例を挙げた、クリエイターが何十人、何百人であれば、要は効率よくそこで販売できる「手段」が存在することそのこと自体に、意味があるのです。

 でも、逆に、企業としてある一定のレベル感にあって、そのブランド力を通じて、販売するとなると、当然、競合も存在しますし、その戦いは熾烈なものになってきますから、そこで大事なのは、自らのブランド力になります。どれだけ自分たちの個性が発揮されて、それに共感するお客さんが存在するか、ということのレベル感が高くなります。

名だたるブランド企業の中で際立つ存在になる為に

 だから、Shopifyは、とことんその店のブランディングの為に、アプリのようにして簡単に、その店ごとに必要な機能をチョイスして、自由にそれぞれカスタマイズしていくことができます。その機能は多種多様に及び、企業なり店なりのブランド意識が高ければ、それに相当するオリジナリティある店の提供ができるわけなのです。

 しかも、全世界で使われているので、常に店にとって必要なアップデートを続けているから、世界で最新でその店にとって独自性の高いショップ環境を提供しますよ、と謳うわけです。だから、海外ではユニリーバなどの巨大企業が自らの通販サイトの運営にこれを使っていたりします。ちなみに、そうなるといろんな機能が絡むから、むしろ定額で運用できた方が便利なので、定額がベースになっています。

 その意味で、同じ自社通販サイトといっても、自分たちの店の今と将来目指すレベル感に応じて、「便利」「使いやすい」の基準は違ってくるので、どちらがいいというわけでもなく、店が自分自身のやるべきことを頭の中で整理することがまず先決で、それに基づき、選べば間違いはないよということなのです。

 

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら