1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 小売の取り組み
  5. 楽天 ネット広告 効果 を“実店舗”購買で検証

楽天 ネット広告 効果 を“実店舗”購買で検証

 リアルの購買行動に足跡をつけ、それを元にネットとリアルの垣根を超えて、お客様への然るべきアプローチを考え、その仮説と検証を繰り返す、そんな時代である。そこに一役買うのは、経済圏のポイント。楽天グループ株式会社(以下「 楽天 」)は ネット広告 の 効果 を“実店舗”購買に基づいて計測できる新メニュー「Instore Tracking」の提供を開始した。既存の価値を最大化し、生産性を高めていく新たな動きである。

 この取り組みで重要なのは、今まで曖昧になりがちだったネット広告を、リアルでの行動により明確に測定できるようにするものである。ネット広告とは、企業が出稿するディスプレイ広告や動画広告などであり、では「その効果」をどうやって測定するのだろうか。

 具体的には「楽天ポイントカード」に加盟している実店舗などの消費行動分析データ、あるいは「Rakuten Pasha」でお客様が送付したレシートデータのどちらかを選択して分析するわけである。これらは「RMP – Omni Commerce」に付随したサービスの動きで、オムニチャネルの一つの進化系といっていいだろう。

楽天 ネット広告 の 効果 を 実店舗 の行動でどう検証?

 「楽天ポイントカード」は想像がつくかもしれないが、「Rakuten Pasha」について簡単に説明すると、レシート画像を送付すると「楽天ポイント」を獲得できるサービスの事である。いわば経済圏の価値をフルに活かして、お客様にリアルの購買行動で足跡をつけてもらうことで、それが実店舗の判断の根拠になっていくわけである。

 少し話が逸れるかもしれないが、レシートに絡むところで言えば、コカコーラが「ガマンだけが健康じゃない おいしく健康」というキャンペーンが実施中であり、実はこれも購入時のレシートを撮影してキャンペーンページから画像送信をすることで、ポイントが貰えるもの。綾瀬はるかさんを起用するあたり、本気の度合いを感じるが、同様の楽天のソリューションを活用したもので、購買行動に足跡をつけてもらうための施策といえよう。

 以前、三木谷浩史さんが話をしていたが、ネット化が進んでもリアルの存在感は健在だと思われる。だからこそ、リアルの行動がネットでの仕掛けにより最大化できるよう、そして、それでリアルの活性化をもたらすことこそが、次の時代の然るべき小売の姿だと話した文脈に何か近い気がした。

関連記事:三木谷氏 語る オフライン を視野に 経済圏 の裾野を広げる

 このようにして、経済圏のポイントカードやレシート活用でのポイント還元により、リアルの行動を把握することを、僕は敢えて“足跡をつける”と表現させてもらったが、それをネットでの動きと合わせてお客様を真に理解する上ではとても重要な要素である。ポイントのメリットを活かして、それを契機に、相応しいメーカーの施策や店舗ごとの対応に繋げることができれば、それもまた経済圏を構築する最大のプラス要因だといえよう。

今日はこの辺で。

 

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト