1. HOME
  2. event
  3. 新サービス(BtoC)
  4. 「cluster」で「メタバース 黒ひげ危機一発」

「cluster」で「メタバース 黒ひげ危機一発」

 仮想空間で玩具を遊ぶ新ワールド『メタバース 黒ひげ危機一発』をメタバースプラットフォーム「cluster」に9月15日(木)からオープンする。メタバースプラットフォーム「cluster」を運営するクラスターとタカラトミーとがコラボレーションしたというわけである。

メタバース上でやることの意味

『メタバース 黒ひげ危機一発』であれば、離れていてもみんなでメタバース空間に集まれる。しかも、チャットや音声でコミュニケーションをしながら、遠く離れてもハラハラドキドキ感覚を共有して遊ぶことができる。

「cluster」はスマートフォンやPC、VRという好きなデバイスでアクセスできるプラットフォーム。そこで「黒ひげ危機一発」の世界観を3D化したスペシャルワールドが広がる。感情移入しやすく、プレイヤー同士が交流しながら楽しめる。3つの黒ひげのアソビが楽しめ、どのアソビも最大12人のマルチプレイが可能だ。

また、同日から開催される「東京ゲームショウ2022」clusterブースに出展し、初公開する。玩具というフィジカルな製品を生み出してきたタカラトミー。そして、メタバースというデジタル世界を創り続けてきたクラスター。これら両社のノウハウを結集させ、デジタル空間での新たなアソビ体験を提供する。

 

What's new

未来へ続く | 新サービス(BtoC)

今後のイベントはございません。