1. HOME
  2. event
  3. イベント
  4. 小さな文具店のチャレンジ「カナモリ」

小さな文具店のチャレンジ「カナモリ」

 東京・蔵前の書くきっかけをつくる文具店「カキモリ」は2022年9月28日から10月2日に、ブルックリンの「Yoseka Stationery」で、POP-UPイベントを開催する。オーダーメイドサービスが特徴的で、世界中から人が集まる店だったカキモリ。コロナ禍であっけなく崩れてしまった成功体験。

 それを手放すことにして、次に目指すのは「海外における中価格帯以上の日本製文房具」のマーケット創造。

 小さな文具店から始まったブランドが、世界に向けてチャレンジするというのだ。

 もともと2010年に東京・蔵前にて「たのしく、書く人。」をコンセプトとして小さなお店をオープンしたカキモリ。表紙、中紙、リングや留め具を選んで仕立てるオーダーノートや、一滴ずつ混ぜて色をつくるオーダーインクなど特色のあるサービスを求め、世界中から多くのお客様が来店していたのである。

ところが、コロナ禍を経て、彼らは新たな一歩を辿る決意をする。店舗での体験だけではなく、書くきっかけをつくる道具を世界中に届ける挑戦を始めたわけだ。

2021年11月に発売開始した「新 たのしく書く道具」。デザイナーの小泉誠さんと作った日本製の「つけペン」や「インク」は海外で大きな反響があった。まさに、ここに続く話がPOP-UPイベントである。

昨年の秋から始めた海外展開ですが、現在16カ国に取扱い店舗が増え、海外への卸売が月間700万円を超えるようになった。それに伴い、ECの海外比率(越境EC比率)も連動し、70%を超えるほど増加しているというのだ。

そもそも、カキモリの魅力は、日本のものづくりの可能性を信じているところにある。品質や機能や価格だけで競争する時代は終わり、「モノ」にストーリーや情緒性が求められる時代。

自分たちが心から使いたいと思える「モノ」を作ることで物語が生まれ、その物語を共に届けることで顧客の心が動く。デザインする人、生産する人、伝える人。ものづくりの根幹は人なのであり、そこを起点に新しいチャレンジをするわけだ。「新 たのしく書く道具」を通じて日本中で素敵な人と出会った。また、その人たちと作ったものが海外で受け入れられたことは本当に嬉しいこと。それを受けての挑戦である。

What's new

未来へ続く | イベント

今後のイベントはございません。