1. HOME
  2. event
  3. 新機能(BtoB)
  4. アイスタイル、月額固定のサブスクリプション型出店サービス

アイスタイル、月額固定のサブスクリプション型出店サービス

株式会社アイスタイル(代表取締役社長 兼 CEO:吉松 徹郎)の連結子会社である株式会社アイスタイルリテール(代表取締役社長:遠藤 宗 以下、アイスタイルリテール)は、体験型出店サービス『co-store』をリリースした。

co-storeは月額固定のサブスクリプション形式で@cosme TOKYOおよび@cosme STOREに出店できるサービスである。

市場調査や物件、店内デザイン選定、人材の手配から教育など実店舗出店にまつわるさまざまな手間やコストを負担することなく、気軽にリアルの売り場に進出することが可能だ。

また、化粧品に関心の高い生活者が多く来店し、多彩な編集企画売り場やイベントなどを通して生活者と化粧品との出会いを創出してきた@cosme TOKYOや@cosme STOREに出店することにより、これまでの販路だけでは実現できなかった顧客接点をもつことが期待できるというわけである。

コロナ禍以降、化粧品業界でもデジタルシフトが加速。それによりオンライン上での情報接点や情報量がますます増大し、ブランドがオンライン上でユーザーと出会い、エンゲージメントを高めるための関連コストも増加しているのが現状である。

また、同様にEC化も非常に速いスピードで促進。しかし化粧品のEC化率は現状では約10%程度。

今後も伸長が予測されるものの、リアルでのユーザー接点がまだ圧倒的に多い状況にあることには変わりない。加えて、「実際に試して購入したい」という化粧品特有のニーズの高さや、比較的店舗へのアクセスが良い地域が多い日本の事情もふまえると、今後は集客力に優れた店舗や、そこで提供される体験の価値がより高まっていくと同社は考えているわけである。

一方で、実店舗への出店は内装など店舗のハード設計からスタッフ教育まで様々なノウハウが必要となるため、ローンチ間もないブランドなどでは、取り組むハードルが高いのが実情。

新サービスco-storeは、これらのハードルを取り除き、ブランドの想いと商品を伝え、体験を通じて生活者とブランドの出会いを創出していくというのである。

【特長】
1.月額固定で@cosme TOKYOや@cosme STOREに出店※@cosme STORE対象店舗は今後拡大予定
2.複数の形式から出店形態を選択可能※順次追加予定
3.@cosme TOKYOでは専属スタッフが常駐し、店舗の運用設計など準備コストが不要
4.出店形式によっては、店頭接客も可能
5.@cosme SHOPPINGもしくはブランドのECサイトへの送客可能
6.ブランドスペースに立ち寄った顧客の属性・行動のデータの可視化やスタッフによるインサイトの発掘が可能

What's new

未来へ続く | 新機能(BtoB)

今後のイベントはございません。