1. HOME
  2. event
  3. 数字で見る
  4. Gunosy、ブラックフライデー目前、調査発表「ECサイトが特にお祭化」

Gunosy、ブラックフライデー目前、調査発表「ECサイトが特にお祭化」

Gunosy(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:竹谷祐哉、以下 Gunosy)は、情報キュレーションサービス「グノシー」内の掲載記事について過去3年を対象に調査を行い、「ブラックフライデーに関する調査」を行った。

ブラックフライデーはアメリカ発祥の11月第4金曜日にセールを行う文化で、2016年頃から日本に上陸したと言われている。

調査によれば、上記のグラフから、年々記事数が増えていること、また時期別の傾向が分かる。2019年は当日1週間前の記事が多かったものの、2020年、2021年はブラックフライデー当日の記事数が最も多く、2021年は前日の約6.7倍となった。また、どの年も、当日の7日前に記事数が急激に増えることがわかる。

「7日前」の理由としてはいくつか考えられるが
①2019年に大手ECサイトが7日前にキャンペーン情報を発表したことに他社が倣った可能性がある
②1週間前からキャンペーンを開始するブランドも複数ある などが考えられる。

ちなみに、2021年に当日後1週間ほど記事が多かった要因としては、大手ECサイトが1週間セールを続けたことからお得な情報の記事も続いたと推測される。

上記のグラフから、大手ECサイトに関わる記事が多くを占めることがわかった。2019年4月以降、コロナ禍のEC消費増を背景に、大手ECサイトがブラックフライデーに力を入れていたと予想できる。この状況から、「ブラックフライデー=ECサイトのセール」とイメージする方も多くいるのではないだろうか。ただしこれはコロナ禍だった2021年までのデータなので、アフターコロナではECサイト以外のオフラインイベントとして盛り上がっていく可能性もある。

What's new

未来へ続く | 数字で見る

今後のイベントはございません。