1. HOME
  2. event
  3. 数字で見る
  4. アリババ、ダブルイレブン例年並みの水準で終了

アリババ、ダブルイレブン例年並みの水準で終了

アリババグループ・ホールディング・リミテッド(銘柄コード:NYSE:BABA、HKEX:9988)は、2022年11月12日、2022年天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバル(以下、「天猫ダブルイレブン」)を終了したことを発表。取り巻くマクロ環境の変化による逆風や新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、昨年に引けをとらない流通総額(GMV)を記録した。

 今年は世界90以上の国と地域から290,000を超えるマーチャントが天猫ダブルイレブンに参加。その商品カテゴリー数は7000に達した。10月31日午後8時(北京時間)に第1弾決済が開始してからわずか4時間で、130以上のマーチャントが1億元(約20億円)以上の売上を記録。また、昨年の第2弾開始後の4時間と比べ、売上が100%以上増加したマーチャントは5,600以上だった。

  • 2022年天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルのその他ハイライト
  • ・Tmall Global(天猫国際)では1,009の海外マーチャントの売上が前年同期比で100%以上増加。
    ・今年はアウトドア・スポーツ、ペット用品、コレクターズトイ、宝飾品類の4分野が特に成長。
    ・3億人を超える消費者がタオバオライブでライブコマースを視聴。62のライブコマースチャンネルにおいて1億元(約20億円)を超える売上を記録、632 のライブコマースチャンネルが1,000万元(約2億円)以上の売上を記録。
    ・アリババグループ物流部門のツァイニャオ・ネットワーク(菜鳥網絡、以下、ツァイニャオ)が消費者の戸口まで配送した荷物は1億2,000万個。また、ツァイニャオは自律型配送ロボット「小蛮驢(シャオマンリュ)」を700台導入し、前年同期比2倍となる約200万個の荷物を配送。
    ・ツァイニャオ傘下の中国全土130,000か所のツァイニャオ・ステーションにおいて、11月1日から11日までの期間で約400万個の使用済み段ボールを回収。今年の天猫ダブルイレブン期間中、平均10万人以上の消費者が毎日、ツァイニャオ・ステーションからリユース梱包資材を用いて発送。
    ・省エネ電化製品だけでなく、衣類や化粧品、食品も含む163万点以上の商品が、環境に配慮した製品の証であるカーボンラベル付き。
    ・タオバオライブ(淘宝直播)は、農村部において地元の特産品を販売するライブコマースを10万回以上実施。また、農産品販売を支援するキャンペーンも行い、ライブコマースを通じて11月7日までに合計3,549万点の農産品を販売、46,000種類以上の農産品が前年同期比200%超の売上を達成。

What's new

未来へ続く | 数字で見る

今後のイベントはございません。