1. HOME
  2. News
  3. カルチャー
  4. 調査
  5. Yahoo!ショッピング に見る 巣ごもり消費 の動向

Yahoo!ショッピング に見る 巣ごもり消費 の動向

Yahoo!ショッピングから見える巣ごもり消費の動向

 緊急事態宣言に伴い外出自粛も一ヵ月以上経ったが、「巣ごもり消費」という言葉が生まれたように、自宅や自宅近辺で過ごすための消費が増えている。特にその上で、ネット通販を通じての消費が中心となった。そんな中で、ヤフーが提供する事業者向けデータソリューションサービスでは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともなう緊急事態宣言下で消費が伸びたもの・減少したもの(いわゆる 巣ごもり消費 )について、「 Yahoo!ショッピング 」のデータをもとに分析したレポートを公開したのでシェアをしたいと思う。

Yahoo!ショッピング の商品の中、 巣ごもり消費 で何が伸びたのか

 まず、2020年4月から5月のゴールデンウィーク(以下、GW)明けの期間で、取扱高の前年度比率=伸び率として、Yahoo!ショッピングの第一階層カテゴリ毎に見てみることにしよう。

取扱高の前年度比率=伸び率Yahoo!ショッピング第一階層カテゴリ毎
取扱高の前年度比率=伸び率Yahoo!ショッピング第一階層カテゴリ毎

 一番伸びているカテゴリは「ダイエット、健康」で約4.0倍、その次に「本、雑誌、コミック」が約2.0倍、次いで「ゲーム、おもちゃ」が約1.7倍となっている。伸びが弱いカテゴリは「CD、音楽ソフト、チケット」「スポーツ」「ファッション」などである。(※補足 集計対象期間は2020年4月1日~5月10日。カテゴリ分類はストア様の出店時の判断に準じており、売上金額が一定数に満たないカテゴリはフィルタしています。)

 では、伸びているカテゴリーの中では、何が売れているのかを見ていこうと思う。「ダイエット、健康」カテゴリーは、マスクやハンドソープなどの衛生日用品の購入がほとんどの割合を占めている。

「ゲーム、おもちゃ」では下記の通りである。

Yahooショッピングおもちゃのカテゴリ
Yahooショッピングおもちゃのカテゴリ

自粛生活に伴い、自宅で家族揃って楽しむためのアイテムが上位にあり、いかに全員の心を満たすものが買うときのイメージとしてプラスに働くかがよくわかる。1位・2位の「パズル」・「ボードゲーム」の伸び率は大きく出ている。

 次に、3位の「おもちゃ」カテゴリーをもう少し詳しく見てみると、「ブロック」と「バーチャルペット」が前年度比約3.7倍と伸びており、皆で楽しめるという要素と共に、自宅での生活をより価値あるものに変えられるようにという心理が働いてか、知育玩具を探す様子や、一緒に過ごせるペットロボットが増えていること等がわかる。

ファッションは全部売れていないわけではない!

 では、伸びが弱いカテゴリーは何だろうか。これも納得のデータであるが、外出自粛となり着飾る必要性がなくなると、洋服を買わなくなるのか、ファッションは伸びが弱い傾向がある。それでもこのファッションジャンルで伸びているのは、何かを調べてみると、これまた興味深い。「レディースファッション」において何が売れているかを見ていくと、下記の通りである。

レディースファッションの中でもしっかりネックウォーマーなどは伸びている」
レディースファッションの中でもしっかりネックウォーマーなどは伸びている」

  春先にも関わらず「スヌード・ネックウォーマー」が伸びているのは、マスクの代替品であると想像される。街中を見てもらいたいが、最近は、運動不足に応えるために、自らランニングに取り組む人が多く、まさに、その傾向が現れていて、ランニング中のマスクの代替品としてネックウォーマーやネックゲイターを装着するなどの工夫をしているものと思われる。これは「スポーツ」カテゴリでも同様な傾向がみられる。 その他「ネックストラップ」「手袋」も除菌や感染防止対策として購入されているかと考えられる。

 それ以外では「ルームウェア・部屋着」が2.85倍、「パジャマ」が2.64倍となっており、自宅や自宅近辺で過ごすための服を追加購入したり、オンライン会議で映るためのリラックスできるがある程度しっかりして見えるルームウェアを購入している様子がわかる。完全に拠点が外ではなく家を基準とした服選びになっているのが興味深いところだ。

 反対に、「ファッション」カテゴリにおいて伸びていないカテゴリーは、「パーティードレス」で前年同月比80.6%減と大幅に減少しており、外出自粛に伴い、結婚式や新年会などが自粛されたからと想像される。同様に「着物」が49.2%減、「セレモニースーツ」が45.0%減となっている。

 さて、最後に、自宅で過ごす時間が増えたことで需要が伸びたと言われる「家電」についてみていこう。「家電」は「コロナウイルス関連(加湿器・ミシンなど)」、「自宅ごはんの充実関連(炭酸水メーカー、ホームベーカリーなど)」、「おこもり美容(スチーマー、頭皮エステ)」、「セルフケア関連(電気バリカン、ネイルポリッシャーなど)」が特徴として伸びている。

 3食の食事をすべて自宅で食べることが増えるために楽しく簡単に済ませるための工夫としてホットサンドメイカーやホットプレートを買っていたり、たくさん時間がある中でホームベーカリーでパンを焼くことを楽しんでいる人がいる様子がうかがえる。また、せっかくのおうち時間をおこもり美容の時間にあてて有意義な時間を使っている人もいることがわかった。

 改めて、今まではこれほどまで状況が一変する機会がなかったから、ものを売る側も、買う側も特に、ルーチンワークのようにして、同じ時期に、同じように、ものを買っていたわけだが、それはある意味、自分たちの生活のベースを考えれば、必然であり、ライフスタイルが変われば、当然、そのルーチンワーク的に当たり前に買っていたものがそうではなくなる。

 そうなったときに、自分たちのお客様にいつものように接することなく、ライフスタイルに合わせて、どう変化するのだろうと、先読みしながら、商品の提供を考えていくことが、今のこの状況に限らず、意識しておくべきなのではないか、と思った。習慣とは恐ろしいもので、考える意思を削いでしまうけれど、お客様あってのお店であるので、ここはこの調査データを見ながら肝に銘じておきたいものだ。

データの出典;https://ds.yahoo.co.jp/report/20200514.html

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031