1. HOME
  2. News
  3. 全国約8,500 郵便局 キャッシュレス決済 導入

全国約8,500 郵便局 キャッシュレス決済 導入

郵便局にキャッシュレス決済

 昨今、あらゆる場面でキャッシュレス決済が浸透しているが、日本郵便は、2020年7月7日から全国約8,500の 郵便局 に キャッシュレス決済 を順次導入していくことを発表した。

 キャッシュレス決済の導入により、郵便窓口で取り扱う郵便物の料金・荷物運賃の支払いや切手・はがき・レターパックなどの購入に、クレジットカードや交通系ICなどの電子マネー、スマホ決済が利用できる。

 具体的には、SuicaやPASMOなどの交通系IC、iD、WAON、QUICPay+をはじめ、ゆうちょPay、au PAY、d払い®、J-Coin Pay、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、Amazon Pay、アリペイ(Alipay)、WeChat Payと、各種クレジット、デビット、プリペイドカードになる。

 単純に、これで郵便の利便性が向上するだけでなく、経済圏の争いの中に、郵便局も入ることになる。(経済圏に関してはこちらなどを参照)

 なお、2020年7月7日(火)以降にキャッシュレス決済を導入する郵便局及び各郵便局の導入日は、次のリンク先の日本郵便Webサイト内の「キャッシュレス決済」のページを参照とのこと。 なお、既にキャッシュレス決済を導入している郵便局は、次のリンク先の「郵便局・ATMをさがすトップページ」から確認できる。

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!

Bitnami