1. HOME
  2. News
  3. キャラの取り組み
  4. ライセンサー(戦略)
  5. 『 映画 すみっコぐらし 』第2弾 発表

『 映画 すみっコぐらし 』第2弾 発表

『 映画 すみっコぐらし 』第2弾 発表

 以前、ファンワークスの代表取締役の高山晃さんから漫画をアニメ化するのとは少し違うんです、と言われたのが今でも忘れられない。ファンシーキャラとは漫画のキャラとは少し、動きの付け方が違うそうで、それがまさに表現された『 映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』であった。122万人を動員したのは、そういうこだわりがキャラの世界観を引き立て、伝わるものにしたからだろう。そして、それは2021年秋、再び、僕らは目にすることになる。 第2弾 『 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ 』である。©2021 日本すみっコぐらし協会映画部

 「 すみっコぐらし 」は「すみっこにいると、なぜか落ち着く。」そんな「ちょっぴりネガティブ」だけど個性的なキャラクターであって、様々な企業から雑貨や文具、ぬいぐるみが発売されている。冒頭、話した通り、それが映画となって、僕らを楽しませてくれるのだ。いつもの町に訪れる青い月の夜、すみっコたちが暮らす町で、ふしぎな物語が始まる。

 映画第2弾の監督には「夏目友人帳」の大森貴弘さん、脚本に「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の吉田玲子さんが決まり、数多くのアニメ作品を手掛けてきたこの二人による初めてのタッグである。

 先ほど、話した通り、アニメーション制作は、前作に引き続きファンワークスが担当。短編動画など、まずは長さに拘らず、キャラを尊重して良さを引き出すところから、高い評価を受け、長編という映画の中でも魅力的に、また涙するほど心に響くものを作った手腕は、今回も、期待がかかる。前回の時の思いは下記のように語っている。

関連記事:映画 で咲く すみっコぐらし 短編アニメ制作プロの偉業

 監督の大森貴弘さんは、今までも色々なジャンルの作品に関わってきたものの「すみっコぐらし」のような作品を手がけるのは初めての経験と話す。ただユニークなのは「自分がこの作品の魅力を広げる事が出来るだろうか、と緊張を覚えたが、いざ制作に入ってみれば、実は「私自身、すみっコならぬ    「すみオヤジ」だった」と。仕事場の机もすみっこ、住んでる家も壁沿いのすみっこ、生まれた家も角っこのすみっこぐらしだったと話して、自分こそ手がけるに相応しいというわけなのだ。

 脚本の吉田玲子さんは、すみっコたちのことはアプリゲームや前作の映画で知っていたと話しており、今回の参加を素直に喜んだ。「心の片隅にある何かを愛しく思える映画になるといいな」と意気軒高。

 ほのぼのとして、優しい雰囲気に僕らを包み、自然と涙が溢れる。2021年11月、全国ロードショーを機に、すみっコたちは全国の映画館でその作品を通して、それこそすみっコじゃなく、その日本のど真ん中で人々を素敵な時間へと誘う。

 今日はこの辺で。

 

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト