1. HOME
  2. News
  3. キャラコンテンツ
  4. ライセンサー(戦略)
  5. CM制作 の新発想 キャラクター に語らせる発想転換

CM制作 の新発想 キャラクター に語らせる発想転換

CMも人間ではなくキャラに託す発想転換

 昨今、外出自粛やソーシャルディスタンスの観点で、仕事内容の変化を余儀なくされているが、例えば、その環境では収録ができないという悩みが、テレビやCM撮影の現場などでも起こっているようだ。そこで、クオンという会社が昨日「キャラ・デ・CM」というサービスを開始したことを発表して、納得した。キャラクター を使った CM制作 のパッケージである。つまり、キャラクターなら感染しないから、彼らが人間に代わって、伝える役割を果たそうというわけで良い着眼点である。

キャラクターなら CM制作 の現場で感染リスクも心配ないという着眼点

 クオン社は、ベタックマ、うさぎゅーん、ビジネスフィッシュなど、SNS発の人気キャラクターを多数抱えている。昨今、人気獲得の仕方でSNSが活用されていることで、450万人以上のファン(フォロワー)に支持されている。まさにネットの活用という部分で、彼らの強みを広告効果に結びつけて、伝えられなくなったメッセージを伝えようというのは意味がある。

CMも人間ではなくキャラに託す発想転換
CMも人間ではなくキャラに託す発想転換

技術革新が、漫画家の格差を是正するという着眼点も他では見られる

 話は逸れるが、以前、wwwaapという会社と話をした際に、彼らは漫画家エージェントというのをやっているそうだ。ここの着眼点が秀逸で、SNSで人気のある漫画家と組んで、それ企業の広告に活用して、その企業のメッセージを伝えているということをこの会社の代表 中川元太さんに教えていただいた。

 SNSで影響力を持つ作家の価値を、それにSNSのフォロワーにふさわしいレベル感で伝えて、その分、企業側にとっては費用対効果が取れる広告展開を促し、作家側には有名漫画誌に出なくても、チャンスが得られる新たな活路を見出した、というわけなのだ。

本来の役割に立ち返って、目的を果たすための、その工夫が求められている

 つまり、テクノロジーの進化により、売れている、売れていないの基準が、all or nothingではなくなっているので、それを活用する企業側にも、様々な方法があるということを示している事実だろう。

 だから、使う側も発想の転換が必要かもしれないと思う。例えば、新型コロナウイルスで感染拡大を防ぐために、今何もできないということではなく、このCM制作の現場を救う、クオン社の取り組みが、形が変われど、伝えるという「広告」の目的を果たしてくれるのである。

 企業によってはすぐに、変化するわけにもいかないという事情はありそうだが、もしも今の環境が長期化すれば、これまでとは違った手段が強いられることになり、このような発想で準備しておくことがいかに重要か、発想の切り替えが求められているように思う。

今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト