1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 小売DX学
  5. 日本の百貨店 初 東急百貨店 が eBay に開設

日本の百貨店 初 東急百貨店 が eBay に開設

東急百貨店ebay

 株式会社 東急百貨店 は、11月1日、eBay Inc.の日本法人であるイーベイ・ジャパン株式会社を通じて、世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「 eBay (イーベイ)」に、公式越境オンラインストアを開設したことを明らかにした。これは、日本の百貨店としては初めてのことだそうだ。

 東急百貨店では以前より越境ECを検討していた。また、これらの動きは、昨今のコロナ禍でのインバウンド需要の減少を踏まえ、eBayを通じた販売による収益増および東急百貨店の認知度向上、新型コロナウィルス収束後のインバウンド需要の取り込みを目的としたものでもある。

 一方で、eBayは、北米を中心に、ヨーロッパからオーストラリアや中国などのアジア地域まで世界190ヵ国で展開中。今回の取り組みで、百貨店として培った目利き力、編集力を生かし、切子ガラスや箸などの伝統工芸品をはじめ、海外で人気が高まっている子供用兜や念珠、お線香など約150点を出品し、世界との接点を作っていく。

東急百貨店 eBay に見る今後の百貨店の在り方

 日本の文化を伝えていくという姿勢はさることながら、これと一緒にしてはいけないのかもしれないが、時を同じくして、東急百貨店の子会社が運営するバンコクの東急百貨店がコロナ禍の影響もあって、閉店となっている。百貨店として今まで培ってきたコンテンツをどのような形でお客様に伝えていくかは今、色々と考えるべき時に来ているのではないか、と思う。

 ちなみに、今後、eBayにおいては、今治タオルや和食器などのインテリア用品を中心に、カテゴリーおよび取扱点数の拡充を行っていくとしていて、その動向が注目される。百貨店の海外進出の在り方にも、ネットに存在感が出てきている印象を受ける。

 まずは、東急百貨店においては、百貨店が追い続けてきている、高付加価値商品を軸としながら、日本文化の発信をスローガンに、進めていくことになりそうだ。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事