1. HOME
  2. News
  3. モールと自社EC
  4. 新・小売り学
  5. 通販とeコマース
  6. Amazon 偽造品の撲滅 プログラム スタート

Amazon 偽造品の撲滅 プログラム スタート

Amazon

 Amazon は2020年10月1日 偽造品の撲滅 を目的とした「Transparencyプログラム」を日本で開始し、Amazonが商品を販売する世界10カ国でこのサービスの利用が可能となったことを発表した。「Transparencyプログラム」は、Amazonで商品を購入する際に常に真正品を購入できるよう、長期的な取り組みと革新的なソリューションによって実現されたもの。製造されるすべての商品に1つ1つ固有のコードを付与するシリアル化サービスである。

 Amazonでは、これまでも、Project Zeroという「自動保護機能」のサービスにより、世界中のAmazonで更新される50億件を超える商品情報を継続的に自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を事前に検知している。

 これにより、ブランドオーナーは、登録商品を製造する際に、各ユニットに固有のコードを発行。Amazonはサイトで販売される1つ1つの商品の真偽を精査し、確認することができるわけだ。また、合わせて、ブランドオーナーが直接、Amazonのサイト上から偽造品を削除できる、機能を提供している。

 ここに、新たに「Transparencyプログラム」を用意して、アプリケーションを通じて商品やパッケージごとに固有のコードを付与。ブランドオーナーのよる個別の自社商品の特定を可能にする。Amazonはこのコードを活用し、Transparencyプログラムに登録されたすべての商品に対して事前に真偽を精査、確認することにより、偽造品の販売を未然に阻止することを目指すわけだ。そして、真正品だけを確実にお客様へ届けることとなる。

 さらに、商品を購入したお客様は、モバイルアプリでコードをスキャンするだけで、購入した場所に関わらず、その商品が真正品であることを確認できる。世界各国の1万以上のブランドオーナーが「Transparencyプログラム」に登録していて、これまで登録されているブランド全体で、Amazonのサイト上で偽造品の疑いのある商品の発送を50万点以上、阻止している。ネット通販の急拡大で、安心安全なネットショッピングの環境づくりも大事な課題である。

 

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索