1. HOME
  2. News
  3. 小売DX学
  4. 物流・越境
  5. 通販とeコマース
  6. 食べチョク 資金調達 農家 への熱い想い ヤマト運輸 連携 の意味

食べチョク 資金調達 農家 への熱い想い ヤマト運輸 連携 の意味

食べチョク 農家 への熱い想い 資金調達 や ヤマト運輸 連携

『 食べチョク 』を運営する株式会社ビビッドガーデンは、株式会社ジャフコをリードインベスターとして既存株主であるマネックスベンチャーズ、VOYAGE VENTURES、デライト・ベンチャーズ、NOWから総額6億円の第三者割当増資を実施した。『 食べチョク 』はこの 資金調達 を機に 農家 の課題解決に向けて動き出す他、業務における効率化のための ヤマト運輸 連携 等に着手し、攻めの姿勢を鮮明にする。

食べチョク による 農家 の変化 ヤマト運輸連携も 生産者 への想いゆえ

食べチョクとは?

『食べチョク』は、生産者と消費者を直接繋いで、野菜・魚など食材全般と、花きといって観賞用植物の類を届けるという、オンライン上のプラットフォームである。

 例えば、生産者が思い入れのある野菜を取れたその場で写真撮影して、『食べチョク』に掲載すれば、それがダイレクトに消費者にその熱意と共に、その情報を伝えて売ることができるわけだ。その値付けも生産者に任されている。

生産物などに込めた、その想いが価値となる

 思うに、熱意は個性であり、それがネットを通して伝えられれば、ここで価格勝負にならずに済む。だから、生産者も自分の生産物への誇りも生まれ、それがお客様にとって農家や生産物への愛着にもつながる。

 これ以外も「食べチョクコンシェルジュ」といい、消費者の趣味に合わせ『食べチョク』が相応しい生産者を選び、野菜を定期便で届けるサービスやその果物バージョン「食べチョクフルーツセレクト」もある。それも、消費者と生産者との間の信頼関係がなせる技であろう。

食べチョク が 何故 資金調達 をするのか

 ただ、ここで何故に、資金調達の必要性があるのか、と言えば、実は、農業従事者の平均年齢は67歳。農業従事者数は減少の一途をたどっていて、こうしている間にも廃業を決める生産者がいるというのが実態がある。

 農家などにおいては、こうした課題は喫緊の問題であり、一次生産者の販路を広げる「食べチョク」の仕組みをより早く、多くの生産者に使ってもらう必要性がある。だから、資金調達を行ったというわけだ。

 具体的には『食べチョク』のサービスを一層強化するべく、今回調達した資金は主に以下の用途に充てていくとした。

  • ・新規顧客獲得のためのマーケティング強化
  • ・開発人材、幹部人材の採用強化
  • ・物流サービスレベルの向上(食べチョク物流構想への投資)

物流環境を改善するべく ヤマト運輸 連携

 また、これに関連して、彼らは「食べチョク物流構想」というのを明らかにしていて、9月頃からヤマト運輸とシステム連携を開始する。『食べチョク』サイトとヤマト運輸のシステム連携を行うことで、生産者は、出荷指示の取得から伝票発行、配達状況確認までをワンストップで行うことが可能となり、煩雑な受注・出荷業務の効率化が図られるというわけだ。

 なお、伝票発行は以下2つの方法から選択可能となり、発送作業が効率的に。記入ミスを防ぐことができるなど、サービス内容はバックヤード側への配慮にまで及んでいる。
・ヤマト運輸が印字済みのピッキング・出荷用の伝票を生産者へお届け
・生産者自身でデータ入力済みのピッキング・出荷用の伝票を印刷

 各種出荷効率化に取り組むことにより、食べチョク特別送料の提供が可能にして、通常料金よりもお得な料金で購入・発送ができるようになる。
例:関東発・関東着60サイズの場合、食べチョク特別送料なら550円(税別)で配送が可能(通常送料は845円程度)

個の時代が 農家など生産者を救う

 個人的な意見だが、今は個の時代であると思っている。その中で、生産者の想いがダイレクトに伝わって、そこでマネタイズがきちんと生まれている現実に、僕は拍手を送りたいと思っている。思いを持ってして、対価にふさわしい価値を提供できているとすれば、それは大きいと思う。

 まして最近は、新型コロナウイルス感染症の絡みで、特に、生産者なども、既存の売り方にこだわることなく、テクノロジーを取り入れながら、今にふさわしい進化を遂げていかねばならない。

 『食べチョク』に限らないが、テクノロジーで切り開く人たちが、こうした人に発破をかけ続けていくのは、これからの時代を考えると大事なことだ。これは通過点に過ぎない。この動きには期待しつつ、生産者など一人一人が輝く世の中を迎えたい。

今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事