1. HOME
  2. News
  3. 小売DX学
  4. 生産・MD
  5. 通販とeコマース
  6. BUYMA 初 アパレルレーベル 商品開発 に活きる 顧客の声

BUYMA 初 アパレルレーベル 商品開発 に活きる 顧客の声

BUYMA 初 アパレルレーベル 商品開発 に活きる 顧客データ

 海外通販を利用する感度の高いユーザーはそれ自体が他にはない付加価値となって、『 BUYMA (バイマ)』に新たな価値をもたらす。『BUYMA(バイマ)』は、株式会社エニグモが運営するマーケットプレイスで、世界161カ国に在住する15.2万人以上の出品者(パーソナルショッパー)から世界中の商品を購入できる。その『BUYMA(バイマ)』が、初のオリジナル アパレルレーベル 『ADDED(アデッド)』を2020年8月12日、立ち上げたことを明らかにした。

BUYMA アパレルレーベル で肝となった 海外通販好きなユーザーの声

 BUYMAには、既に758万人以上の会員がおり、取扱ブランド数は1.3万を超え、日本未上陸ブランド、国内完売アイテムをはじめとした世界中のファッショントレンドアイテムからコスメ、インテリア雑貨まで幅広く揃う、小売のプラットフォームとなっている。特に、海外通販を利用するユーザーは、他にはない顧客の特性なのではないかと思う。

『ADDED(アデッド)』はそれをフックに、エニグモが模索する新たな動きであり、メーカー的なチャレンジである。『BUYMA』独自のデータとユーザーの声を元に商品企画を行うオリジナルブランドであり、生産は老舗メーカーである株式会社 ルックモード が手掛けるとしている。なお、8月12日に発売した15アイテムは、901名のアンケート解答を元に商品の企画を行なっているのだ。

 このブランド名に込められた意味は、日常にときめきや自信など、ポジティブな何かを“加える”存在になりたいというもので、具体的なテーマは下記の通り。

  • 1)働く女性のための服
  • ワークスタイルが目まぐるしく変化する時代において、オフィスでも自宅でも気分良く働くことができるような、お仕事モードのアイテムと、休日の楽しみがさらに増すようなオケージョン対応のアイテムとの両軸で構成。
  • 2)高品質×低価格
  • 自社で企画した商品は、老舗メーカーが生産を行うことにより安心の高品質を実現。また、EC販売で販管費を抑えるだけでなく、過剰な付属品や包装を控えることでコストを徹底的に削減し、最適な低価格で届ける。
  • 3)ユーザー参加型
  • BUYMAを利用する女性会員の協力をもとに、今本当に求められているアイテムをスピーディーに展開。上記の通り、8月12日に発売する15アイテムの商品の企画は、901名のアンケート解答に基づく。

 BUYMAでは「世界を買える」というコンセプトの下、C to C のプラットフォームを運営してきたわけだが、海外通販を利用する感度の高いユーザーと共に、新たな「企画・販売のスタイル」を目指すとしている。

 データが集めやすい世の中になることで、企業にとって、これまで以上のユーザーの価値は向上する。ただ、これからは各企業の持つユーザーそのものが付加価値となって、新たなビジネスチャンスを生み出す時代なのかもしれない。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事