1. HOME
  2. News
  3. 在庫管理・配送
  4. 新・小売り学
  5. 通販とeコマース
  6. CROOZ が 配送 効率向上させる『JAD宅配急便』関西 進出

CROOZ が 配送 効率向上させる『JAD宅配急便』関西 進出

CROOZ 物流 関西を強化

 CROOZ EC Partners社は、昨今、配送 効率を向上させる『JAD宅配急便』事業を行なっているが、昨日2020年5月12日、この『JAD宅配急便』をこれまで東京23区内の 配送 エリアから 関西 にも拡大するべく、ファイズトランスポートサービス社との事業提携を発表した。

CROOZ が 関西 での 配送 環境も改善

 そもそも、昨今、eコマースにおいては、配送を含めた、顧客満足度の向上が重要になってきている。そんな中で、CROOZ EC Partners社は、もともとCROOZ SHOPLIST社が培ってきたオンラインモールでの知見をeコマース全般の物流などのソリューションに生かし、オンライン通販サイトに対して、新たな価値観と考え方をもたらそうとしている。

JAD宅配急便とは、何か

 ではJAD宅配急便とは、何か?これは、東京23区内の配送エリアに特化した配送サービスで、エリアを絞り配送効率を高めることと、さまざまなパートナー企業様の荷物を混載し共配を実現することで、1配送あたりの配送コスト最適化を目指すというもの。

 CROOZ EC Partners社はこれを関東エリアに絞ることで具現化し、低価格でのラストワンマイル配送を行ってきていたのだが、その実績が評価されたことで、eコマース事業者から「関西エリアにも拡大して欲しい」との要望が増加し、今回の事業提携に至ったというわけだ。

関西エリアでも物流の効率化

 そこで、ファイズホールディングスのグループ会社で、関西エリアで強い基盤と配送網を持つファイズトランスポートサービス社と業務委託契約を締結することで、CROOZ EC Partners社はそのノウハウを、その基盤と配送網に活かせば、最大化できる。それ故の業務提携である。

 これによりeコマース事業者からの受託個数が増加し、さらなる配送コストの最適化に貢献ができるとしていて、eコマースをめぐる配送環境も変化を生みそうだ。

 オンライン通販サイトを運営する人においては、配送を単なるコストセンターと捉えることなく、自らの事業や商品などと物流を関連付けながら、このような形で効率化を図り、経営の一つの要素として、物流を加味した事業運営していくことが必要となるだろう。この動きが、またeコマース事業に新たな局面をもたらそうとしている。

 今日はこの辺で。

関連記事:フューチャーショップ ZOZO の 物流 と連携 顧客軸の時代

関連記事:Flying Tiger Copenhagen SHOPLIST 出店で ネット通販 に活路

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索