1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. アダストリア 店員 による“服”の試着 動画 をコンテンツに

アダストリア 店員 による“服”の試着 動画 をコンテンツに

アダストリアが動画で服を紹介

 文化は常に生活とともに寄り添う。例えば 店員 がInstagramで“服”を試着して見せて 動画 のプチ・ファッションショー、それが話題を呼んでいる。そこで アダストリア は、WEBストア「ドットエスティ」の中で、新コンテンツ「.st CHANNEL」(ドットエスティ・チャンネル)を立ち上げた。それらの 動画 と商品詳細を並べて、動画を楽しみつつ、ショッピングができる新コンテンツであり、2020年5月29日からスタートしたのだ。

服 を 動画 でイメージしやすく。 アダストリア なりに 店員 を生かすコンテンツ

 「ドットエスティ」では、ショップ 店員 が個人で投稿する「STAFF BOARD」(スタッフボード)を通じて、スタッフ自身のリアルクローズやライフスタイルを発信している。その中で「.st CAHNNEL」は、アダストリアグループの20以上のブランドや、約1,500名のショップスタッフが発信する商品・スタイリング・ライフスタイルなどを紹介する動画をまとめて閲覧できる新コンテンツ。WEBストアの商品ページと連動しているわけだ。 

 例えば、身長や体型の絡みで、どうしても写真では伝わらないものでも、動画で実際に、スタッフが着てみると、イメージがしやすなって、購入にとってもプラスだ。

WEBストアの売上高は前年比二桁増で伸長

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い商業施設の休館が拡大した今年4月以降、当社グループでも一時は国内約1,200店舗のすべてが休業となった。対して、外出を自粛したお客さまの利用増により、WEBストアの売上高は前年比二桁増で伸長している。

 このような中、ショップスタッフがInstagramのLIVE配信を通じて、アイテムやスタイリングをご紹介するオンライン接客の試みが、好評だという。実際に店頭で商品を試せない中でも、動画で新作アイテムの紹介や着用感を見せ、コメントでもらった質問にリアルタイムで回答することで、オンラインでの買い物の不安を解消できている。

外に出れないデメリットを動画が埋めて、WEBストアの勢いに

 緊急事態宣言が解除された現在も、動画の視聴数は伸びており、ドットエスティでもアーカイブで見られるようにして欲しい、という声から、このたび「.st CHANNNEL」の開設になった。 

 これまでもSTAFF BOARD参加スタッフによるSNSのコメント・質問機能を利用したお客さまとのコミュニケーションは行ってきた、とアダストリアは説明しているが、今回の外出自粛や店舗休業を受けて、「少しでもお客さまに楽しんでいただけるように、今、自分たちに出来ることを。」という想いはスタッフに強く、自宅待機中のショップスタッフも自ら工夫を重ねた結果が、これだけの指示につながっている。

 このわかりやすさこそが、直接接客できないスタッフたちからのお客様へ気持ちの表れなのである。気持ちを受け止め、是非一度見てみるといいだろう。 

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら