1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 小売DX学
  5. 東急ハンズ 洗剤要らずエコ精神 “洗たくマグちゃん” と握手

東急ハンズ 洗剤要らずエコ精神 “洗たくマグちゃん” と握手

 「 洗剤をつかわない洗濯” 洗たくマグちゃん”」をご存知だろうか。東急ハンズは、SDGsの必要性が説かれる中で、この商品に着目した。この商品は、2019年に 東急ハンズ 全店でヒットしたもの。マグネシウムで洗う新発想の洗濯用品であり、ゴミも生まれない。洗剤をそれほど必要とせず、地球に優しいこの商品を前面に出して、プロモーションしようというわけである。

東急ハンズ も注目する 洗たくマグちゃん の魅力

 ”洗たくマグちゃん”は洗濯機に入れると、洗剤を入れなくとも 汚れを落とす。その仕組みは、高純度99.95%のマグネシウムの力により、水素を発生させ、弱アルカリ性の水を生成し、結果、水道の水が石けん水のようになるというわけ。汗や部屋干しの原因となる嫌な臭いを抑えてくれる要素もあり、今までにないマグネシウムで洗う新発想の洗濯用品なのだ。

関連記事:町工場 が生んだ発明 洗濯マグちゃん

https://youtu.be/ZIfu4gSQzXQ

東急ハンズと組んで、地球を守る活動に踏み出す

 全国の東急ハンズ及び、 ハンズビー店舗計71店舗は、その製造メーカーである宮本製作所と組むことで、キャンペーンを実施し「エコサイクル」活動を3月20日よりスタートさせている。

 冒頭にも少し触れたが、このマグちゃんはエコである。実は使ってからも地球に優しい。使用済みの同商品をマグネシウムを家庭菜園に利用できるようになっていて、個人単位でエコサイクルが実現できるわけだ。今回、この考え方と商品力に東急ハンズが共感したのである。

 それは、家庭菜園を持たない「マグちゃん」利用者が、 使いどころがなく”ゴミ”にしていた使用済みマグちゃんを回収するというもので、次に役立てる取組みを推進しようと、 エコサイクル活動の協力パートナーとして、 手をあげたわけだ。

 産業革命を起こし、様々な技術革新が進んだ一方で、様々な弊害を生み、そのより戻しが必要になっている時代背景。商品自体の評価もさることながら、「つくる責任・つかう責任」の観点から SDGsの達成に向けたエコサイクルを両社協同で推進するのは、今の時代に相応しい動き。2020年は、商品を通して起きるその地球を救うムーブメントに期待したい。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事