1. HOME
  2. info
  3. ラジオ出演:BASEの真意/丸亀製麺に見る社会貢献

ラジオ出演:BASEの真意/丸亀製麺に見る社会貢献

77.6FM 「FMドラマシティ」エーデルワイスファーム野崎創さん司会「connect」に、11時から生放送(毎週木曜AM11:00から)に出演します。今話題の、今注目の・・・様々な問題やテーマについて切り込む時間。今回話すのは・・・

——————–

 一つ目は、BASEというアプリがなくなりますという話。といっても、名称変更なのですけど、実は深い。今はスマホアプリのBASEが、Pay IDになります。これは経済圏を意識しているのかもしれないなと僕は受け止めていて、そのほうがわかりやすい。

 実は以前、roomsというイベントがあって、新進気鋭のアーティストやブランドが集まり、そこにセレクトショップのバイヤーが集まり、その可能性を開花させようというもので、ここに鶴岡社長がいたんです。

 正直、ネット系のイベントじゃなく違和感があったから、鶴岡さんに聞いたんです、そしたら、「一人ひとりの才能を小売で発掘して、羽ばたかせるためにBASEがある」と自分の考えを教えてくれてだから、このイベントにスポンサードしましたと。

 この話、実は名前の変更と大きく関係してくるのです。改めてBASEはお店を始めるツールで、Pay IDはクレカを登録するとすぐに購入できる決済プラットフォーム。だからこの二つを融合して、すぐに店を作れすぐに買えるようにした。

 今や160万ものお店も集まったところで、彼は明確にその二つを切り分けようとして、自分のサービスを敢えて「販売者向け」「購入者向け」に完全に切り分けたのです。BASEは「販売者向け」。Pay IDは「購入者向け」と。

 要は、BASEは「ショップを作りたい人だけに認知」されていればいいので、買う人が見るアプリ名はPay ID。じゃあなぜBASEじゃダメかと言ったら、それじゃ楽天と変わらないんですよ。先ほど、roomsの話をしたとおりなんです。一人ひとりの才能を開花させたいんであって、だから購入者がお店として認識すべきはBASEじゃない。お店のオーナーや店名なのだとそこにこだわったことを示したわけです。

 経済圏と比較するとわかりやすいのは、楽天の場合「販売者向け」が楽天市場、「購入者向け」が楽天カードで、両方「楽天」にするわけです。これは親和性が高く、成長速度も急げるわけです。ただ、鶴岡さんはBASEでそういう経済圏を作るより、一人ひとりのオーナーが際立つことを選んだのでアプリはPay IDにしたというのです。

 それこそがこれからの発揮されるべきECの世界かもしれませんね、と僕は思います。

 もう一つは、企業は儲けなきゃいけないんですけど、企業として稼いだ一部を社会貢献の「何」に向けて使うかというのも、大事なブランディングなのかもなあと思ったという話です。

 最近、丸亀製麺のトリドールの粟田社長に話を聞くことがあって、渋谷区と組んで、災害発生時は連携して、丸亀製麺のうどんを作れる車を投入して、被災者に少しでも寄与しますという話をしていたんですよね。

 それだけではなく、粟田さんは「子ども食堂」という企画にこの会社が深く関わっていることを話していて、要は、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂のことです。

 ただ、最近では、コロナ禍で活動がストップして、このままではその活動すら子どもたちの記憶から忘れ去られてしまうと彼らは逆転の発想をした。

 今まで自分達大人が伝えていたこの「子ども食堂」の存在を、子どもたち自身の絵で表現し、また、子どもたちはそれを通して、その時の思い出を形に残そうと考えて、イベント化したんです。その優秀作品を会社に飾っているそうなんですよね。

 こういう社会貢献の部分にこそその企業の姿勢というのが出やすいし、社外、社内とも共、一つになる要素なんじゃないかなと思ったわけです。結果、それが消費者も巻き込みながら、参加型で事業を拡大させて、それが世の中の為になっていく、企業自体も儲けるだけではなく、付加価値を持たせる時代なのかなと。それが回り回って、商売の本体にも跳ね返ってくるんじゃないかなという話です。

——————–

77.6FM 「FMドラマシティ」エーデルワイスファーム野崎創さん司会「connect」この番組は、「エーデルワイスファーム」野崎創さんの司会によるもので、北海道を中心としたものですが、全国どこでも聞くことができます(PCの場合、Flashプレイヤーが必要です)。野崎さんは、「メディアは身近なものになったんですよ。 だからこそ、発信力がある人が中身あることを継続してやれるかどうか。 そういったお話を一緒にぜひ作りましょう。」と声をかけてくれて、僕の「アナザーエディション」というコーナーが始まりました。許される限り、隔週で出演してます。

■【スマホアプリの「リスラジ」から「選局」→「776FM FMドラマシティ wonder storage」で選ぶ 】

■【ウェブサイト(http://listenradio.jp)から「全国のラジオ局→北海道→radio TXT fm dramacity」で選ぶ】

info

info一覧
145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

石郷学

株式会社 team145 代表取締役 

ジャパンEコマースコンサルタント協会 客員講師 

776.fmラジオ『connect』準レギュラー

Next retail Labフェロー 

話題を集めた記事