1. HOME
  2. info
  3. ラジオ出演:円安/偏愛は世の中を変える

ラジオ出演:円安/偏愛は世の中を変える

ラジオ出演:

77.6FM 「FMドラマシティ」エーデルワイスファーム野崎創さん司会「connect」に、11時から生放送(毎週木曜AM11:00から)に出演します。今話題の、今注目の・・・様々な問題やテーマについて切り込む時間。今回話すのは・・・

——————–

・円安で変わるもの

 1つ目は、円安に伴う小売の変化ですよね。

 先日、BEENOSで今、円安を受けて、どのような影響を受けているのかという話に至って、それによると、3月11日が境目だったという話なんです。

 それまで115円くらいを推移していたのが、120円に跳ね上がり、今や135円を前後しています。これがすごいのは、BUYEEというサービス経由での海外の人の日本の商品の利用者は、ここを境目にして、一気に増えたそうです。

 3月1〜11日と11日〜20日を比較したところで、購入金額は18.8%増、購入のユニークユーザー数が10.9%増、結果的に顧客単価が1102円も上昇したというのです。わずか10日間での話です。

 まず、コロナ禍で、日本に来れないのでそれらがまとめてネット経由にきたということ、これはいうまでもありません。

 ここに新時代だな、と思うのが、円安だから日本製品を買うのがお得ですよというのもインフルエンサーのコンテンツの中で発信されるから、物凄い熱狂が起こって、大量に日本商品を購入する現象が起こっているんです。

 だから、中国をメインにする、レッドというSNS的な側面を持つECプラットフォームなどでは、コスメを中心にそれを売り込むし、YouTubeを通じて、もっと遠くの人も、それを一斉に呼びかけるから、一斉に商品を買う動きが生まれた。

 面白いのは国別で金額を見ると、一位がブラジル。二位がメキシコ、と遠い地域の人たちがこの時とばかり購入しているんです。伸長率で見ると、東洋彫刻なんてのが、すごく伸びているそうなんです。要は日本で作られた木彫りの像ですよね。

 だから極端な話、お店としてちゃんと自分達の発信するべき価値をわかって、敢えて越境ECにもトライしていたような企業が、備えあれば憂いなしという具合で、この時に一気に流入して恩恵をうけているということなんです。

・偏愛が世の中を変える

2つ目は、偏愛ですね。

 先日、ヘリテージという会社の齋藤さんという社長の話を聞く機会があって。非常にかつてのメディアを上手に使いこなしている。元々はこの会社自体、昨年2月に経営破綻したエイ出版社からライトニングなどのメディアを譲受するなどしています。

 昨今、雑誌が厳しいと言われる時代において、僕はこの話を聞きながら思ったんです。それを紙媒体、ウェブみたいに切り分けること自体がもうナンセンスだな、と。どっちが悪いとか古いとかではない。

 僕が思うに、そのキーワードは何かというと、偏愛。つまり、ライトニングなどの趣味嗜好性の強いマニアックな視点は、逆に雑誌だけにとどめて、そこでマネタイズするのではない。例えば、雑誌に出てくる編集長を、YouTubeで出して、無料で公開したり、入口を増やして、そこからファン化させていくことの価値を思ったんです。

 だから、雑誌はそこで価値を持つんです。

 そのファンの度合いが増えれば、逆に雑誌になっている意味を感じて、よりその雑誌が神格化されますから。すると、結果、濃度の高いユーザーに限られてくるから、逆に広告の問い合わせが増えて、収入も安定するというわけなんです。

 しかもそれを有料会員形に派生させて、月額収入にしているから、当然、その先にはECがあります。だから、今はまだ雑誌をそうやって再生しているけど、そこでやっぱりECに繋げていて、そっちでも売上が徐々に伸びているという話なのです。

 雑誌の価値を損なわず、見事に再生したなという話です。

——————–

77.6FM 「FMドラマシティ」エーデルワイスファーム野崎創さん司会「connect」この番組は、「エーデルワイスファーム」野崎創さんの司会によるもので、北海道を中心としたものですが、全国どこでも聞くことができます(PCの場合、Flashプレイヤーが必要です)。野崎さんは、「メディアは身近なものになったんですよ。 だからこそ、発信力がある人が中身あることを継続してやれるかどうか。 そういったお話を一緒にぜひ作りましょう。」と声をかけてくれて、僕の「アナザーエディション」というコーナーが始まりました。許される限り、隔週で出演してます。

■【スマホアプリの「リスラジ」から「選局」→「776FM FMドラマシティ wonder storage」で選ぶ 】

■【ウェブサイト(http://listenradio.jp)から「全国のラジオ局→北海道→radio TXT fm dramacity」で選ぶ】

info

info一覧
145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

石郷学

株式会社 team145 代表取締役 

ジャパンEコマースコンサルタント協会 客員講師 

776.fmラジオ『connect』準レギュラー

Next retail Labフェロー 

話題を集めた記事