1. HOME
  2. info
  3. ラジオ出演:百貨店とECモールの決算の差

ラジオ出演:百貨店とECモールの決算の差

 77.6FM 「FMドラマシティ」エーデルワイスファーム野崎創さん司会「connect」に、11時から生放送(毎週木曜AM11:00から)に出演しています。今話題の、今注目の・・・様々な問題やテーマについて切り込む時間。今回話したのは・・・

——————–

■やっぱりコロナの話題でしょうか。実は、今週頭に、三越伊勢丹の決算が発表されたのですが、売上高は1兆1191億円でこれは前年比-6.5 %で776億円減、いう具合に、全てのデータが減少に転じているんですよね。

■デジタルもやります、そこに打開策を見出しますと言いつつも、まだデジタルとの融合はまだ道半ばといったところなので、次期(2021年3月期)の通期連結業績予想については、言及を控えているんです。

■それだけ、結局、彼らもリアルに重きを置いた戦略であり、それは新型コロナウイルスの収束時期や、その後の景気回復動向が不透明であるなど、不確実要素が多くから、そうならざるを得ないんですよね。だから、変わらなきゃいけない時だと。

■その一方で、たった今、決算の発表が終わったんですが、楽天がこちらです。

楽天 2020年度 第1四半期 決算 利益は減 ネット通販に光明

■ポイントは、4月に限って言えば、ショッピングのGMS(流通総額)は57%増なんです。

■コロナはすぐに鎮静化しないから、いかにデジタルを取り入れながら、リアルのリスクヘッジがどれだけできるか、そこが大事だと思うという話です。

■特に、伊勢丹の説明はデジタルを取り入れること自体に言及しているのですが、デジタルにすれば、解決するというわけではなく、デジタルにすることで、より顧客満足度が高まるか、という視点かなと。大事なのは自分たちの個性を最大化させる手段として、ネットを活用していくことだと思っています。

■そうなると、無理に今の規模感を維持することなく、サイズを縮小してでも、ちゃんと自分たちを愛してくれるお客様に対応する、伊勢丹であれば、必ず復活の可能性はなくはないし、ディスることなく、そこに期待したいなと。今必要なサイズで向き合ってくれるお客様といかにして向き合えるかかなと思います。

——————–

77.6FM 「FMドラマシティ」エーデルワイスファーム野崎創さん司会「connect」この番組は、「エーデルワイスファーム」野崎創さんの司会によるもので、北海道を中心としたものですが、全国どこでも聞くことができます(PCの場合、Flashプレイヤーが必要です)。野崎さんは、「メディアは身近なものになったんですよ。 だからこそ、発信力がある人が中身あることを継続してやれるかどうか。 そういったお話を一緒にぜひ作りましょう。」と声をかけてくれて、僕の「アナザーエディション」というコーナーが始まりました。許される限り、隔週で出演してます。

■【スマホアプリの「リスラジ」から「選局」→「776FM FMドラマシティ wonder storage」で選ぶ 】

【ウェブサイト(http://listenradio.jp)から「全国のラジオ局北海道→radio TXT fm dramacity」で選ぶ】

info

info一覧
145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

石郷学

株式会社 team145 代表取締役 

ジャパンEコマースコンサルタント協会 客員講師 

776.fmラジオ『connect』準レギュラー

Next retail Labフェロー 

話題を集めた記事