1. HOME
  2. News
  3. GoodsNews
  4. 楽天市場 での 2020〜21年 年末年始商戦 の傾向はいかに?

楽天市場 での 2020〜21年 年末年始商戦 の傾向はいかに?

楽天年末商戦

 早くも、肌寒い季節になりつつあり、いよいよ年末を意識するシーズンになった。楽天株式会社は、「 楽天市場 」での 2020〜21年 年末年始商戦 に関して説明を行い、「お歳暮」「クリスマス」「おせち」などに焦点を当て、過去の傾向と今年の狙いを明らかにした。

 昨今の傾向で見てみると、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、生活様式そのものが変化し、ギフト需要、イエナカ需要が増えることは間違いない。また、年末も、その影響は変わらないものと考えられ、今年の年末年始はネット通販にとっては重要なシーズンとなりそうだ。ただ、使う人が増えた分だけ、ニーズが細分化され、販売する側にもきめ細やかな提案が必要になりそうだ。

 また、特に、ネット通販の使用率の増加幅が大きいのは、高年齢層であることがデータからもわかっており、この年末でもこの層が、ネット通販を利用する可能性が極めて高いとしている。

 その意味で考えると、彼らが当たり前にリアルで意識していた定番イベントをいかに、ネットの特性を生かしながら、きめ細やかに提案していくかが、この年末年始の商戦を制する要素となるのではないか。

お歳暮

「お歳暮マーケット」は世間的には、年々縮小傾向で、その背景にあるのは、お歳暮に対しての価値観の変化が挙げられ、ただし「楽天市場」で言えば、2018年から2019年で1.3倍にまで伸びを見せている。

今年の傾向は?

 これは、楽天市場が、世間でいう「フォーマルギフト」の縮小傾向を察知し、むしろ拡大するカジュアルギフトに目を向け、商品など、アプローチの仕方をマーケットのニーズに合わせているからだとしている。

 今年で言えば、お歳暮系の商品は、合計160万点。中心となる商品は、カニ、肉、スイーツなどの商品で、上記にもある通り、身近な人に送るなどの方向性で、カジュアルな打ち出しを強化していくとした。

 今年に限って言えば、年末年始の帰省を控えるユーザーがいることから、帰省代替品としての位置付けがある。そういうものについては「帰歳暮(きせいぼ)」という言い方をして、離れた人に想いを伝える、帰省お土産、帰省代わりのギフトを提案する。具体的に下記3つの提案をしている。

  • 「オンライン帰省も充実ギフト」
  • ・食べ比べ、飲み比べの完成を贈り合える商品
  • ・目新しいもの、クスッと笑えるユニークな商品
  • ・楽しい会話のきっかけになるガジェット商品
  • 「話題長持ちギフト」
  • ・成長過程をゆっくり楽しめる植物ギフト
  • ・長い時間をかけて、じっくり作る果実酒ギフト
  • 「健康配慮ギフト」
  • ・低糖質でも美味しいスイーツ
  • ・栄養満点のグルメギフト

これら「お歳暮&ギフト商品」は、11月2日より展開される。

クリスマス商戦

 「クリスマス商戦」は、楽天市場においては、2018年から2019年で、1.4倍まで伸びている。現時点、クリスマス関連商品は、380万点まで存在する。

クリスマス商品の傾向は?

実際、その約8割がプレゼント、残り2割がパーティ需要。

 では、購入されるジャンルはどんなものが多いのか。それに関しては、下記のデータの通り、全体の2割は「おもちゃ」が占める。比較的、他のギフトよりは、おもちゃの中身がより具体的で、求められるものが絞られていることから、いかにして、相手のリクエストや好みに合わせられるかが、おもちゃを買う際の大きな決め手になりそうだ。

 楽天市場は、おもちゃの盛り上がり傾向を受けて、楽天に出店する「トイザらス」や「サンリオ」、「タカラトミー」など、大手のおもちゃブランドに関しては、ポイント10倍キャンペーンを実施するなどして、買う側への配慮もしていくとしている(キャンペーン内容は各店舗ごとことなくの要確認のこと)。

 また、今年はこれまで以上に、「おうちクリスマス需要」の傾向が強まると言われており、ホームパーティを楽しむためのキャンペーンを強化するとしている。例えば、YouTube「らくちゃんねる」で、YouTuberに「おうちクリスマス」というテーマで商品を紹介してもらうなど、商品だけではなく、いかにして楽しみ、盛り上がれるかに焦点を当てて、提案していくのだという。

これら「クリスマス特集」は、11月2日から開始される。

「おせち」

 年末年始の食べ物の顔と言えば、「おせち」である。このマーケットも、楽天市場では注目しており、事実、「おせち」は2018年から2019年にかけて、売上が1.2倍に伸びている。現時点での「おせち関連商品」は3万点。

今年の傾向は?

2021年のおせちでは、大きく3つに分けて提案している。

  • プチ贅沢おせち
  • 旅行を控える人が例年より多くプチ贅沢おせちで、少しでも楽しもうという動き
  • 一人前おせち
  • 感染症予防の観点から、大皿料理の共有を避け、取り分けをする必要がないように、一人前のおせちのニーズの高まりを予測している。
  • 好きなものだけおせち
  • フードロスの観点から、肉だけ、海鮮だけなど、「好きなものだけ」で作ったおせちの需要が増えている。

商品でいうと下記のような感じである。

  • ●「一人前おせち」
  • 商品名: 板前魂の煌
  • 価格: 6,700円(税込)送料無料 (※価格は10月1日(木)時点です。)

R gourmet 創刊

 また、10月から、「楽天市場」のグルメ企画として、マガジンハウスと連携して、「R gourmet(アールグルメ)」を始めると明らかにした。その編集力はさることながら、イラストなどビジュアル面を重要視して、視覚的に、楽天市場で商品を閲覧するのとは違った印象で、読み物風に、グルメを楽しもうという試みだ。

 食業界の昨今の話題・旬を取り上げる、フードナビゲータ柴田香織さんによる、食の好奇心を刺激し深掘りするエッセイ「Monthly Food Letter」などコンテンツの質で勝負をしていく。

 思うに、今やオンラインショッピングモールにおいては、商品を購入する場所であるとともに、それらの個性をプロモーションする場所でもある。楽天市場自ら、季節感を出して、全体を引っ張りながら、集まる人にとってのメディア的な役目も果たす。店は、それを受け止め、昨今の傾向を取り込み、お客様のニーズを考えながら、品揃えで、自らの個性をどう発揮するかである。

 コロナ禍、ネットに集中した新時代の年末商戦、店の総力戦が間も無く始まる。

 

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら