1. HOME
  2. event
  3. 新機能(BtoB)
  4. 「WONDER TOON LAB」 スマホに特化した縦スクロールコミックの制作から展開まで

「WONDER TOON LAB」 スマホに特化した縦スクロールコミックの制作から展開まで

趣旨:縦スクロールまんが制作から展開まで

ギークピクチュアズで、新時代のコンテンツクリエイティブ事業を行うユニット GEEK WONDERSは、電通と共同で、スマホで読むことに特化した「縦スクロール」「オールカラー」のウェブコミックについて、制作から展開までをサポートする「WONDER TOON LAB(ワンダートゥーンラボ)」を発足させた。

概要:「WONDER TOON LAB」とは?

「WONDER TOON LAB」では、「縦スクロールコミック」に参入したい出版社やIPホルダーの方々に対するサポート体制を整えた。具体的には、原案やキャラクターなどをベースに、企画・ネーム・作画・着彩等の制作ラインを、AIやテクノロジー、豊富なクリエイター人材を活用して請け負います。また、プロモーション、マーケティング戦略からグローバル展開など、制作後までを一気通貫でサポートする。

ギークピクチュアズが映像制作で培ってきたコンテンツクリエイティブのノウハウ、新規IPの開発・活用の実績、AIによる自動着色・NFTプラットフォームの開発・バーチャルスタジオといった自社開発テクノロジーと、電通が持つ豊富なクリエイター人材、マーケティング・プロモーション力、メディアネットワークや145カ国・地域のグローバルネットワークを掛け合わせることで従来のマンガファンだけではない多様なターゲットに向け、ヒットコンテンツを産み出す環境を構築していく。

背景:電子コミック市場の拡大3420億円

近年、電子コミック市場は拡大が目覚ましく、2020年には、紙の2,706億円に対し電子が3,420億円と、著しい成長を見せた。(※1) 中でも直近数年で特にシェアを広げているサービスが、スマートフォンでの閲覧に特化した「縦スクロール」「オールカラー」のウェブコミック(以下、「縦スクロールコミック」)だ。

日本をはじめ、東アジアや北米でのユーザー数が拡大しているほか、これらを原作にした大ヒット映像作品も多数誕生しており、年々急成長を続けている市場である。需要が高まる一方で、「縦スクロールコミック」は通常の漫画と異なり、工数が多く複雑な制作ラインを経て作成されるため、まだ国内にはノウハウを持つ会社や参入企業が少ないという現状があって、この立ち上げにつながる。

※1 出版科学研究所『出版指標 年報 2021年版』による2020年度のレポート

What's new

未来へ続く | 新機能(BtoB)

今後のイベントはございません。