1. HOME
  2. event
  3. 新機能(BtoB)
  4. futureshopが「店舗受取オプション」実装

futureshopが「店舗受取オプション」実装

趣旨:「店舗受取オプション」をfutureshopが実装

futureshopは、ECサイトで購入した商品を店舗で受け取ることができる仕組みを利用できる「店舗受取オプション」を本日、2月24日のバージョンアップで実装した。futureshopシリーズを利用中の事業主は管理画面から「店舗受取オプション」を申し込むことで、機能追加開発の必要なく利用できる。

背景:「店舗受取オプション」とは?

「店舗受取オプション」、いわゆるBOPIS(Buy Online, Pick-up In-Store)は、海外では2015年ころから普及した。各届け先への配送費問題や、商品を買う意志はあるものの実物を見て買うかどうか決めたい、など、EC単体ではなかなか解決することができない、購入にいたる障壁を取り除き、実店舗を活用することで顧客体験を向上させ、EC利用を底上げしたものと考察される。

このような背景がある中、これまでBOPIS導入にはハードルが高いのが実情。

理由としては、

  • 一般的なECプラットフォームでは機能カスタマイズが発生
  • プラットフォームそのものの複雑化による影響範囲の洗い出しや、昨今のエンジニアの人手不足などの問題

そこで費用や時間など多大なコストがかかってくる。そのため、費用対効果の検討段階で導入に踏み切れなかったり、開発体制が確保できず、提供までのスケジュールが長期化するなど、複合的な要因によって大手企業のみの提供に限られ、なかなか普及しなかったのだ。

中身:futureshopの「店舗受取オプション」とは?

futureshopの「店舗受取オプション」では、機能カスタマイズの必要なく、月額費用を支払うことにより利用できる。

1)商品届け先にあらかじめ設定した各店舗が選択できる
EC購入時、自宅または任意の住所にお届けする代わりに、お届け先として店舗を指定できる。その際、送料無料の設定となる。

また、大型商品など、商品を個別に店舗受け取り対象外にする設定が可能。

2)購入者の支払い場所を選べる。ECまたは、店舗どちらで行うかを設定できる
ECでのお支払い方法は、ECサイトでのオンライン決済で店舗では受け取るだけにするか、店頭でアイテムを気に入ったら支払いを行っていただくなど、いずれも設定可能。

3)各店舗ごとに異なる受取場所や引き渡し方法をメールに記載できる
店舗へご注文商品を配送するタイミングで、購入者に受取通知メールを送信できる。レジやカウンターなど、受取場所や購入アイテム引き渡し方法については、この受取通知メールや各店舗の詳細方法に記載することができる。

What's new

未来へ続く | 新機能(BtoB)

今後のイベントはございません。