1. HOME
  2. event
  3. 事業
  4. オープンゲートとSBIトレーサビリティ 「SHIMENAWA for SAKE」提供における販売提携契約を締結

オープンゲートとSBIトレーサビリティ 「SHIMENAWA for SAKE」提供における販売提携契約を締結

  オープンゲート(本社:東京都品川区、代表取締役:中山 雄介、以下「オープンゲート」)とSBIトレーサビリティ(本社:東京都港区、代表取締役:輪島 智仁、以下「SBIトレーサビリティ」)はブロックチェーン技術とNFC/RFID技術を融合させたデジタルペアリングを活用したトレーサビリティ・サービス「SHIMENAWA for SAKE」(以下「SHIMENAWA for SAKE」)提供において、販売提携契約を締結した。

 近年日本酒の海外輸出は、12年連続で前年を上回る金額・数量で過去最高を記録。1L あたりの輸出価格は10年前から全体で2倍上昇するなど、している。

つまり、高価格帯のプレミアムな日本酒が中国や米国などの海外市場でトレンドとなっているということである。

その一方、国内では酒類の課税移出数量に占める日本酒の割合は、1975(昭和50)年頃には30%程度であったものの、足下では6%程度まで低下するなど、特に20代・30代の若者の日本酒離れが顕著となり、昨今は蔵元(清酒製造業者)数減少の一途を辿る厳しい事業環境となっているのだ。

そこでオープンゲートでは、「重く固く閉ざされた課題や困難の扉を、蔵元(クライアント)様と力を合わせて開き、共に新しい世界を見る。」ことをミッションに掲げ、多くの蔵元の海外事業、越境・国内EC事業強化の支援業務を提供していく。

そこで、SBIトレーサビリティのSHIMENAWA for SAKEを組み合わせることを着想。地域の歴史・伝承、酒米や水環境など様々なエッセンスが詰まった“地域そのもの”である日本酒の魅力、価値を最大化し、地方創生、日本酒業界全体の活性化を図ろうと、本販売提携契約を締結するに至った。

SBIトレーサビリティは、何をするのか。

ブロックチェーン基盤のCorda(コルダ)と、株式会社サトー(本社:東京都港区、代表取締役:小沼 宏行、以下「サトー」)が有するNFC/RFID技術のデジタルペアリングを活用してSHIMENAWA for SAKEで、より追跡可能な流通プロセスを構築。

日本酒やブランドの魅力、価値を最大化する「日本酒のストーリー可視化」、「真贋証明」や「開封検知」などのソリューションを提供していくのだという。

What's new

未来へ続く | 事業

今後のイベントはございません。