1. HOME
  2. News
  3. キャラクターリアル店・イベント
  4. キャラ談
  5. ドラえもん 50周年 ハローキティと商品 ASOKO で展開

ドラえもん 50周年 ハローキティと商品 ASOKO で展開

ASOKOとドラえもんとハローキティ

 記念すべき年に、「 ASOKO 」はやっぱり楽しく驚かせてくれた。雑貨ストア「 ASOKO 」(アソコ)は 、日本を代表する2大キャラクターの「 ドラえもん 」と「 ハローキティ 」の最強タッグとコラボした「ASOKO de DORAEMON HELLO KITTY」のグッズを2020年6月13日より発売する。ドラえもんが 50周年 ということもあり、AOSOKOとしても、それにリスペクトしつつも、先進的なアートを取り入れ、華やかに展開する。©︎Fujiko-pro©︎76,20SANRIO approval NO610237

ドラえもん と ハローキティ で ASOKO 楽しく驚かす

 「ASOKO」(アソコ)は、リーズナブルで気の利いた雑貨が集まるショップであり、原宿やイクスピアリ舞浜などでリアル店舗を構えている。何気ない、ありふれた毎日に、ちいさな感動をとどけてくれる。

 そんな細やかな幸せを感じられるショップで、モノをきっかけに、その先にあるキモチをうごかす、そんなストアだからこその夢のある組み合わせ。言わずと知れた日本を代表する2つのキャラクター「ドラえもん」と「ハローキティ」がタッグすることで、いつも以上に、「ASOKO」(アソコ)のファン心をワクワクさせてくれる。

イフクカズヒコとbuggyのASOKOオリジナルデザインは普段見れない ドラえもん と ハローキティを引き出す

 今回のこのコレクションはドラえもん50周年を記念したASOKOのコラボ企画第2弾。ドラえもんとハローキティが仲良く、イフクカズヒコとbuggyのASOKOオリジナルのデザインとなってバッグやポーチ、ステーショナリーや食器など53のアイテムとなって登場するというもの。ASOKOでしか出会えないドラえもんとハローキティとのグッズである。

これぞASOKO流
これぞASOKO流

 イフクカズヒコさんはカラフルな色彩で、力の抜けたゆるい線画で、ユーモアを交えてイラストを描く、味のあるアーティストだ。buggyもまたパンチの効いた色合い、デザインで人気のアーティストである。共に、「ドラえもん」と「ハローキティ」には無い独自のカラーを持っているからこそ、そことのコラボがもたらす化学反応は、お客さんにとって刺激的なものとなる。

  • ●販売アイテム(価格は消費税別途)
  • イフクカズヒコ 柄
  • ○トートバッグ(¥500)
  • 〇ポーチ(¥300)
  • 〇缶入りトートバッグ(¥800)
  • 〇マチポーチ(¥300)
  • 〇丸形ポーチ(¥300)
  • 〇ダイカットポーチ(2種・各¥300)
  • 〇ミニトートバッグ(¥500)
  • 〇巾着3Pセット(¥400)
  • 〇クリアボトル(¥500)
  • 〇メラミンカップ(2種・各¥400)
  • 〇メラミンプレート(2種・各¥400)
  • 〇メラミンボウル(¥400)
  • 〇マスキングテープ(¥150)
  • 〇付箋(2種・各¥150)
  • 〇キッズビニール傘(¥600)
  • 〇コンパクトミラー(2種・各¥300)
  • 〇クリアファイル4Pセット(¥300)
  • 〇ジップバッグ(¥400)
  • 〇ストックバッグ(¥400)
  • 〇ピンバッジ4Pセット(¥400)
  • 〇キッチンタオル4Pセット(¥400)
  • 〇ウォールステッカー(¥500)
  • 〇ミニプレート(5種・各¥400)
  • buggy柄〇トートバッグ(¥700)
  • 〇ランチバッグ(¥500)
  • 〇ポーチ(2種・各¥300)
  • 〇ペンケース(¥250)
  • 〇ティッシュカバー(¥300)
  • 〇マスキングテープ(¥150)
  • 〇クリアファイル4Pセット (¥300)
  • 〇ビニール傘(¥800)〇巾着2Pセット(¥300)
  • 〇湯呑(¥500)
  • 〇クリアボトル(¥500)
  • 〇メラミンカップ(¥400)
  • 〇メラミンボウル(¥400)
  • 〇ジップバッグ(¥400)
  • 〇折畳みエコバッグ(¥300)
  • 〇コンパクトミラー(¥300)
  • 〇ショッパー(¥200)
  • 〇半透明ポーチ(¥400)
  • 〇缶入りトートバッグ(¥800)
  • 〇ウォールステッカー(¥500)

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」