1. HOME
  2. News
  3. 事業・実行
  4. 新・小売り学
  5. 社会・経済
  6. ヤマト運輸 遠隔診療 で 新たな存在感

ヤマト運輸 遠隔診療 で 新たな存在感

ヤマト遠隔診療

 今日はこの話題をチョイス。 ヤマト運輸 がデジタルと物流の連携させることで 遠隔診療 にかかる調剤薬局の負担を軽減させることに積極的な姿勢を見せ、新たな価値創出に舵を切っている。その中身は、オンライン診療・服薬指導システム「YaDoc Quick」とヤマト運輸の「送り状発行システムB2クラウド」をAPI連携させて、オンライン診療から処方薬の受け取りまでがスムーズになっていくのだ。

 ICTの先端技術と医療ノウハウを組み合わせ、医師と患者の双方向のコミュニケーションを深めながら一層の診療の質の向上に寄与する疾患管理システムが「YaDoc」(ヤードック)であり、オンライン診療・オンライン服薬指導システムが「YaDoc Quick」。2021年2月末現在で約3000の医療機関に導入されている。

 ここに、ヤマト運輸の法人向けwebサービス「ヤマトビジネスメンバーズ」の「送り状発行システムB2クラウド」をAPI連携させるわけで、すると、患者はへ個人情報を登録するだけで、処方薬の配送・受取に関わる情報と連携されるため、オンライン診療から処方薬の受け取りが完了できるわけである。

 遠隔診療においては今後拡大の見込みがあり、それを見据えてのこの取り組み。調剤薬局を含めて、オンライン診療、処方に関わるサービスがこれらテクノロジーと物流の仕組みを使って、浸透すると同時に、ヤマト運輸も自ら持つインフラを活かして、今までの切り口とは違った形で会員サービスの質向上を狙う。

 ネット通販などでも配送企業の存在感が増すとともに、物流網はデジタルと結びつき、当たり前に空気のように存在して、様々な産業の発展に寄与しようとしている。デジタルシフトが進む中で、様々な業種と組んで、新時代での新たな存在感をもたらそうと模索している様子が窺える。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索