1. HOME
  2. News
  3. モール/出店/出品
  4. 小売DX学
  5. 通販とeコマース
  6. PayPay は Yahoo!JAPAN に続く“第2のメディア”か ZHD2020年通期決算

PayPay は Yahoo!JAPAN に続く“第2のメディア”か ZHD2020年通期決算

 もはや PayPay は Yahoo!JAPAN に次ぐ“第2のメディア”だなと思った。PayPayはリアルで誰しもが関わる決済でマスへのアプローチができる強力な武器なのである。つまり、メディアだ。ヤフー、LINEを傘下に持つ Zホールディングス株式会社の2020年通期第4四半期の決算発表会を聞き、思ったことだ。彼らの狙いはPayPayでマスへとアプローチして、LINEで距離を縮める。Smart Store Projectなどを使い、企業がそれを活用する機会を作って、超PayPay祭のような花火をあげて、全方位で存在感を発揮していく狙いなのだ。

 まず実績からであるが、2020年通期で見ると、売上収益が1.20兆円(YOYで14.5%増)で2年連続で2桁成長をしていて、ショッピング事業の成長が牽引している格好だ。

 ショッピング事業はYOYで45.1%増で大きく成長。「超PayPay祭」が前回実績比で取扱高57%増、訪問者数10%増、CVR38%増、客単価6%増と取扱高を筆頭に大きく飛躍したことが大きい。

 ネット通販はどうしても限られたマーケットである。そこで、マスに対してアプローチして、効果を最大化させる上では、PayPayの活用が有効なのだろう。彼らはこれをフックにPayPayでの高い浸透度を背景にして、結果、このネットとリアル両方を股にかけた勝負のセールで最大限、効果を発揮した格好である。

 さらに、リユース事業に関してもPayPayフリマの成長率も5.7%増(2019年は1.3%減少)と伸びていて、eコマース取扱高全体で見ると3兆円を突破して3.22兆円(2019年通期は2.59兆円)となった。

 なお、PayPay単体での決済の力に関してであるが2020年第4四半期で見ると、決済回数は6億1559万回(YOYで1.6倍)、加盟店は316万店(YOY1.5倍)、登録者3803万人(YOY1.4倍)となって、いずれも伸びていて、川邊健太郎さんは「交通系の電子マネーに匹敵する」と胸を張った。確かにこれだけQRコード決済が肉薄するとは、2年前想像できない人も多かったのではないか。

 今後に目を向けると、ネット通販に絡んで注目されるところは、Smart Store Projectだろう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事