1. HOME
  2. News
  3. リアルのやり方
  4. 小売視点
  5. BEAMS JAPAN バンダイ 食玩 初遭遇で 日本の文化伝える

BEAMS JAPAN バンダイ 食玩 初遭遇で 日本の文化伝える

ビームスジャパンとバンダイコラボ

 BEAMS JAPAN が株式会社 バンダイ とコラボレーションし、おまけ付きお菓子「 食玩 」の魅力を発信するプロジェクト「食玩ジャパン」を、2021年1月7日から始動することを明らかにした。

 BEAMS JAPANは、株式会社ビームスの中でも 日本のモノやコトの魅力を国内外に発信する事業であり、バンダイとのコラボは初めてのことである。BEAMS JAPANは2016年のスタートから日本の文化を国内外へ発信し続ける役目を担い、一方、バンダイの食玩事業は1981年より食玩を手掛け今年40周年を迎え、日本のカルチャーとして食玩の魅力を世に広めてきた。

 だからこそ、両社の想いが一つになって、食玩に慣れ親しんで育った人だけでなく、未だ触れたことの無い方々にもその魅力を伝えるべく、異色のコラボレーションプロジェクトが実現したというわけなのだ。

クーナッツ ジャパン【全10種】:各200円(税別)

 商品も様々あって上は、クルクル回るクールなナッツがコンセプトの「クーナッツ」。キュートな動きが愛らしい玩具である。日本文化を象徴する招き猫や忍者たちを「代々栄える」の意味をもつ橙色(だいだいいろ)などの別注カラーで彩った、BEAMS JAPAN限定デザインの10種類。

 これに合わせて、店も全面的にバックアップ。ビームス ジャパン(新宿)で約1,000種類以上の食玩を展示する他、ビームス ジャパン(新宿)にて架空の食玩売場「萬代屋(ばんだいや)」の設置、かつ全国のビームス ジャパン(新宿、渋谷、京都)では会計時にラムネ菓子をプレゼントするなどの粋な試みも。

 合わせて「食玩ジャパン」の特設サイトをオープンさせる。1月13日にはサイト内にバーチャル会新ジャンル、洋服付きお菓子「食服」を含む限定コラボレーション商品の発売や、ビームス ジャパン(新宿)1階に出現する「コレクターの部屋」での1,000種以上の貴重な食玩アーカイブ展示、全国規模の「別注 47都道府県クーナッツ ジャパン」プレゼント企画も実施し、さらに特設サイト内には、バーチャル会場もオープンするという気合の入り様である。

 

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031