1. HOME
  2. News
  3. リアル販売のやり方
  4. 小売視点
  5. 小田急百貨店 メンズ 自主編集型小型店 で eコマース連携も

小田急百貨店 メンズ 自主編集型小型店 で eコマース連携も

小田急百貨店 メンズ 自主編集型小型店 で eコマース連携も

 株式会社 小田急百貨店 は、 2020年10月14日、 新宿駅西口地下街「小田急エース 北館」に出店し、 当社初の メンズ ファッション中心の 自主編集型小型店 「オクル×シタテル ~Odakyu Selection~」をオープンする。

 「オクル×シタテル」は、 「自分への贈り物(ご褒美ギフト)」や、 「同僚・家族・大切な人への贈り物」を探すオフィスワーカーに向けた、 様々なギフトをテーマにした、 今の暮らしを豊かに彩るセレクトショップである。

 値ごろ感のあるオーダースーツを中心としたビジネスファッションは、 小田急グループのアンケートサイト「Ideaパレット」に寄せられたビジネスマンの声を反映しており、 「37.5歳からの仕事服」をテーマに、 世界で活躍するモデリストの柴山登光(しばやま・のりみつ)氏の手掛けるオーダースーツを中心に提案する。

 また、 テレワークの普及や自転車通勤をするアクティブ派のニーズを取り入れ、 ストレスフリーな着心地ながらも“キチンと見える”、 “自分らしさが表現できる”セットアップなどを3~5万円台の価格帯で提供する。

 代理購買を主とする女性に向けては、 「5,000円以下」を選択肢の一つに編集した、 ペア・シェア・同僚・家族へのギフトを提案。 色鮮やかでポップなイタリア製の文具や、 ドイツの老舗メーカーのビアグラス、 幻想的な色味が特徴のチタンタンブラー、 タオルマイスターが手掛けた「木からできた」最高級タオルのほか、 こだわりのコーヒーなど食品も展開することで「五感に響くギフトアイテム」を取り揃える。

 小田急百貨店では2015年から小型店事業に取り組み、 雑貨を集積した自主編集ショップや、 ブランド編集型ショップ等を展開してきた。 「オクル×シタテル」はオフィス街である新宿西口に勤める人々のニーズを取り込むべく、 小田急百貨店初の試みであるメンズファッションを中心に、 ギフトアイテムをセレクトした自主編集ショップである。

 また、 取り扱うギフトアイテムの一部は、 当社オンラインショッピングでも並行して販売することから、 昨今のテレワークの普及によるリアル店舗とeコマースのシームレスな買い物体験を提供し認知度を向上させることで、 将来的な多店舗展開も視野に入れていく。
 

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら