1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 小売DX学
  5. オイシックス・ラ・大地 大戸屋 提携 外食系企業 に風穴を

オイシックス・ラ・大地 大戸屋 提携 外食系企業 に風穴を

オイシックス・ラ・大地、大戸屋ホールディングスと業務提携   流通額 約30億円規模の事業成長を目指し、共同でECサービスを構築

 野菜そのものに、あらゆる視点で付加価値をつけ、お客様が日常、当たり前にそれを購入する習慣を根付かせたオイシックス・ラ・大地。今度は定食などでお馴染みの大戸屋というコンテンツを通して、食文化にどんな新たな価値をもたらすのか。 オイシックス・ラ・大地 株式会社は先ほど(8月14日)、株式会社 大戸屋 ホールディングスと、業務 提携 契約を締結したと発表した。

オイシックス・ラ・大地 大戸屋 業務提携 何をもたらすのか?

 まず、この業務提携の意味を考える上で、オイシックス・ラ・大地について触れておこう。オイシックス・ラ・大地は「Oisix(おいしっくす)」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドを展開し、特に、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品などに拘ることで、付加価値のある食品宅配サービスを実現させた。安心・安全に配慮した姿勢は消費者との信頼関係をより強固なものにして、長きに継続するファンの獲得につながっている。

 最近では「Oisix」において、必要量の食材とレシピをセットにした、主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキット『Kit Oisix』を販売してヒットを掴み、シリーズ累計出荷数は5,500万食(2020年6月時点)を突破している。

 これは個人的な意見であるが、オイシックス・ラ・大地の代表取締役 高島 宏平さんは企業の規模が大きくなった最近でも消費者のもとへ直接、訪問していることからも分かるとおり、消費者の生の声を大事にする姿勢が肝である。

 本質的にはその姿勢はブレることなく、当初の「Oisix(おいしっくす)」に始まり、「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」と合併した中でも、それぞれの特性は活かされて、各々の顧客ニーズごとに、Oisix流に満足いくお客様との関係構築を実現させた。ゆえに、サブスクリプションの取り組みは実り、いずれも収益が改善し、好業績へと導いているのだ。

大戸屋が意図する食べに来る以外の魅力

 一方、大戸屋HDは美味しく健康に資する料理をお客様へ提供することを目的として、「大戸屋ごはん処」をはじめとした定食チェーンを国内外で展開しており、創業以来、厳選された安全・安心な食材を使用し、店内調理を徹底している。また、新たな取り組みとして新規チャネルでの商品提供として、デリバリー、テイクアウト機能の強化や冷凍食品の通販・オンラインストアでの販売による外販事業へも注力する方針を明らかにしている。

 このように両社は、共に安全・安心にこだわった食材の利用、及び新鮮な食材の調理といった、高品質で付加価値の高い「食」に関する事業を展開するという共通点をもつ。さらに、過去にOisixのお客様向けに実施したアンケートでは「大戸屋」は「満足度が高いと感じている飲食店」に選ばれており、Oisixのお客様との親和性も高く共同事業により事業成長が目指せると考え業務提携契約の締結に至ったのだという。

 今後の取り組みの詳細については、家庭での大戸屋定食の再現を目指すなど、当社と大戸屋HDの協議により決定していくとした。

オイシックス・ラ・大地 の他ブランドとの共同事業

 その連携するスキームについては下記の図を見ながら、考えていただきたい。これまで、オイシックス・ラ・大地は、そのマーケティング・物流ノウハウを活用した他社との共同事業を2013年より開始、株式会社三越伊勢丹ホールディングスの「ISETAN DOOR」など多様なアライアンス事業を手掛け、事業規模も順調に拡大していて、ここに新たに大戸屋HDが加わるというわけだ。

オイシックス・ラ・大地
オイシックス・ラ・大地の連携

その共同事業の中身については・・・

 今回の オイシックス・ラ・大地 大戸屋 提携 で両社は共同で大戸屋の店舗の顧客やファンの方向けに自宅で大戸屋のメニューを楽しむことができるサブスクリプションサービスの立ち上げを行う。具体的には、下記の3つ。

  • (1)大戸屋で、ご家庭向け冷凍総菜・弁当のサブスクリプションサービスの開始
  •  ・両社の強みをいかした共同事業として新たな食のサブスクリプションサービス
  •  ・大戸屋店頭、およびOisixのお客様への販売
  • (2)Oisixのお客様向けの大戸屋プロデュースの商品の販売を開始
  •  ・本年9月初旬にはOisixで、大戸屋監修のミールキットを発売予定
  •  ・第一弾で大戸屋人気メニューの「鶏黒酢あんかけ」を自宅で再現できるミールキットを販売予定
  • (3)大戸屋店舗でのOisixとのコラボメニューの提供を開始
  •  ・「大戸屋ごはん処」などで提供する、Oisixの有機野菜などを用いたコラボメニューの共同開発を予定

オイシックス・ラ・大地 の サブスク がもたした 提携 企業業績

 思うに、野菜に始まり、徐々に彼らの展望は食文化全体に広がっている。良質な材料だけでなく、定食など完成された料理の方に重きを置く大戸屋と本格的に組むことで、また、食文化に新たな風穴を開けるのではないかと思う。

 それは彼らの過去を見れば分かる。「Oisix」を起点に野菜という軸では共通している部分もありながら、顧客の異なる企業「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」を各々の顧客目線で惹きつけ、長く愛されるコンテンツへと進化させて、生産性を高め、好業績へと導いてきたその手腕があるからだ。

 今や飲食店も、デジタルシフトが求められる時代であり、これまでと違ったお客様との向き合い方が必要なのである。飲食店の「食べにいく」だけでない価値、僕はそこに何か、可能性を感じている。そこに、伸び代があるように思う。オイシックス・ラ・大地のサブスクリプションを例に見ながら、大戸屋の価値を最大化させるのか、気になるところだ。期待してみてみたい。

オイシックス・ラ・大地 記事:電話注文 を歓迎 大地を守る会 のハートフル施策

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事