1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. KASHIYAMA の オーダーメイド に生きる ZOZO データ

KASHIYAMA の オーダーメイド に生きる ZOZO データ

KASHIYAMAとゾゾのオーダーメイド革命

 オーダーメイドは直接、接客してサイズを測るのが常識。だが、昨今はデジタル化が進んでおり、そこで大事なのはリアルと変わらぬ精度であること。そんな中での連携である。株式会社オンワードパーソナルスタイルは、オーダーメイドブランド『 KASHIYAMA (カシヤマ)』で、株式会社 ZOZO が運営する 『ZOZOTOWN』と、それに関する新たな取り組みを発表したのである。

KASHIYAMA オーダーメイド が ZOZO のデータでリアルと変わらぬ価値を

 『KASHIYAMA』は、オーダーメイドブランドであるが故、長年培ってきたデータから日本人の約95%を包含できる豊富なサイズを自社で製造ができる。一方で『ZOZO』は「 ZOZOSUIT 」で100万件以上のサイズビッグデータを持っている他、年間800万人以上(2020年3月末時点)のサイト購入者に関する情報を持っている。

 これにより『ZOZOTOWN』のお客様に対して、細かなニーズに合ったサイズを特定し、KASHIYAMAのオーダーメイドで、そのサイズに適した服を作る事ができ、両社の強みを最大化できて、リアルと変わらぬ精度を実現させるわけだ。

ジャケット73サイズ、パンツ128サイズから自動的におすすめ

  この取り組みにおける第一弾として、8月下旬よりメンズ・ウィメンズのオーダーメイドセット アップアイテムの販売を開始する予定だ。『ZOZO』が展開するサービス「マルチサイズ」を用いたオーダー方法は、「身長」と「体重」を選択するだけで、100万件以上の体形データの活用により簡単に自分に合ったサイズのアイテムが注文可能。

 これにより、今回開始するサービスにおいては、ジャケット73サイズ、パンツ128サイズの中から自分にあったサイズが自動的におすすめされ、メンズでは身長148㎝~197㎝、体重41kg~115kgのサイズに対応することとなる(ウィメンズにおいても同等のサイズレベルで現在調整中だという)。

 今回の『KASHIYAMA』と『ZOZO』とのオーダーメイド×オンライン完結型ビジネスモデルにより、5年後には100億円規模の売上を目指すとしている。リアル店舗での接客と変わらぬ精度だからこその目標であり、それだけデジタルがリアルに追いついてきている。 

関連記事